自転車のバルブを英式から米式に変えてみる

barubu1

どうも、サツキです。

さてさて、自転車に全くもって無関心だった私がATLASというエントリークロスを購入したのをきっかけに、自転車への関心が高まってきました。
メンテナンスが云々、自転車のアクセサリーが云々・・・私は突然興味の無かったものにのめり込んでしまう癖があるので、沼らないように充分気を付けていますw

今まで無関心だったがために、自転車のメンテナンスは面倒がってほったらかしになっていました。
自転車の掃除なんてしたことなかったし、カゴがボロっちくなってもよほど酷くならない限り取り替えなかったし、タイヤの空気も指で押してふにゃふにゃしてたらパンパンになるまで入れる程度でした。
チェーンも油差したら差しっぱなしで、洗浄なんてしてませんでしたし・・・本当に乗れりゃいいだろって感じでした。

今回はその中でもタイヤの空気圧管理についてです。

スポンサードリンク

私が購入したATLAS、コスパはいいんですが残念ながらタイヤのバルブが英式だったのです。。。
え?何が不都合か?空気圧の測定がしにくいんですよ。ええ。
まず、自転車のチューブに付いているバルブには3種類あります。
・・・正確には5種類なんですが、主流なのは次の3種類です。

英式、米式、仏式です。

英式は、ママチャリ等のありふれた安価な自転車に多く採用されているタイプです。
日本のママチャリはほぼこれですね。袋ナットが付いているのが見た目の特徴です。
空気を入れたらバルブを外さない限り空気を抜くことが出来ません。
なので、圧の調整や測定が出来ないとされています。
これについては、後ほど触れていきます。

米式は、一部のMTBやBMXで採用されています。
他にも、車やバイクのタイヤにも採用されています。
この時点で、信頼性がかなり高いですね。
バルブを抜かなくても、空気を抜くことが出来るので、空気圧測定や調整が出来ます。

仏式は、主にロードバイクやクロス等の高価な自転車や、レース用の自転車で採用されています。
こちらも米式同様、バルブを抜かなくても空気を抜くことが出来ます。

それぞれの詳しい説明は、サイクルベースあさひのこのページをご覧ください。
この中で唯一、空気圧測定が出来ないのが英式です。上記で触れた構造上の問題です。
正確言えば、空気入れについている圧力計でなら、空気を入れる過程である程度測定することが出来るようです(多くの空気入れでは動作しないと書いてありますが、動作するケースもあります)。
しかし、動作したとしてもそれは結局ホース内の空気圧なのでタイヤ内の圧とはイコールでは無いそうです(といっても、誤差程度らしいですが・・・)。
これは英式に限ったことではないですが、米・仏のように正確な気圧を測ることは出来ないのです。

私が思う英式の最大の欠点は虫ゴムで、これがへたってくるとタイヤから空気が漏れやすくなります。
故、空気の注入頻度も増え、快適な乗り心地をキープするのが難しくなるのは勿論、空気圧が安定しなくなります。
ちなみにこの虫ゴム、1〜2年程度で劣化してしまうらしいので例え見かけ上、問題が無くても定期的に交換する必要があるそうです。

最近だと、スーパーバルブというのもあり、これは虫ゴムを使っていません。
虫ゴムを使っていない分、標準の英式よりも空気圧の安定度は上がりますがやはり市販されている測定器は使えません。
だったらいっそのことバルブを交換してしまおう・・・と考えました。英式よりも米式の方が空気入れが楽ということらしいので。

一番良いのはチューブごと取っ替える方法ですが、これは自転車整備に慣れてない素人がやるには不安がありますし、通勤程度にしか使ってない自転車にするにはあまりにも大げさです(修理のためならまだしも、そんな段階では無いですし)。
交換しようとしてお釈迦になってしまったら本末転倒です。作業自体は慣れれば簡単らしいですが・・・。
そんで、色々調べると英式から米式だったら変換できるバルブがあるとのことだったのでそれを使うことにしました。
こんなやつ↓です。

信頼性の高いパナソニック製です(パナレーサーはパナソニック系列の会社)。
工具不要で英式から米式へ交換できるという便利グッズです。2個セットなので、前輪と後輪両方のバルブを交換できます。
評判も中々良かったので、測定器と一緒に購入することとしました。
上位バージョンになると空気圧計が付きますが、バルブにそんな機能は求めてないので、これにしました。
空気圧計・・・といっても、圧によって色が変わるだけのようですね。精度は中々良いみたいです。空気を入れる目安が知りたい人には良いかもしれません。
以下の記事で紹介されているので、気になる方はご覧になってみてください。

自転車の空気圧!ママチャリでも測定できる方法があった!彩 on your world


ちな、測定器は↓のやつをチョイス。


デジタルは私の好物ですwわかりやすいしw
これなら、空気圧が足りてるか不足してるかが簡単に分かります。
空気圧を適切に管理していれば、不意にパンクする確率を減らせます。

というわけで、前置きが長くなりましたが取り付けてみた感想とか載せます。
まずは、ファーストインプレッションから。

barubu1
これが実際の商品です。
「英式バルブでも空気圧が測れる」というのを謳い文句としています。

barubu2
一応裏面。

barubu3
中に入っているパーツです。
インナーパーツとアウターパーツ、キャップというシンプルさ。

さて、いよいよ取り付けですがこれは非常に簡単です。

barubu5
まず、このキャップと袋ナットを外し、バルブコアを外します。
虫ゴム交換したことある人なら分かりますが、袋ナットは手で簡単に外せます。
ただし、注意点としては空気が満タンの時とかには慎重に回さないと、中の空気でバルブコアが吹っ飛んで危険ですw(経験済み)

barubu6
外した後の図。
バルブを外すと瞬時にタイヤがペシャンコになりますw

barubu7
英式バルブです。
左から、袋ナット、バルブコア、キャップです。
黒いゴムの部分が逆流防止弁の役割をしているので、これがへたるとたちまち空気が抜けやすくなります。
前述しましたが、私はこれが英式最大の欠点だと思っています。
あさひのページに載っているパナレーサーの言い分も分かる気がします。

あ、だからといってこれは捨ててはダメです。元のパーツ・・・純正パーツなので取っておきます。
万が一、トラブったときにはこれに戻します。
っつっても、私はスーパーバルブを持っているのでそれにすると思いますが・・・。

で、さきほどのインナーとアウターそれぞれをチューブにドッキングします。

barubu8
インナーは軽く載せるような感じで差し込みます。

barubu9
アウターをかぶせ、外れないようにしっかりと締めます。
作業は以上!とっても簡単ですw

barubu10
あとは、フロアポンプで空気を入れます。
洗濯ばさみみたいなアタッチメントは不要。私の買ったフロアポンプは仏・米を自動認識するようになってます。
米式バルブは本当に入れはじめが軽くて、テンポ良く空気を入れることが出来ます。

barubu11
ATLASに付いているタイヤの適正気圧は3.5bar〜6.0barだったので、ポンプの圧力計で6.0barになるよう入れました。
ちなみに、適正気圧はタイヤの側面に刻印されています。これはママチャリのタイヤでも一緒です。
ただ、単位がbar(バール)、PSI、kPa等、色々な表記がされていますので、そこは注意です。
単位の変換は、以下の記事がわかりやすいので変換する際の参考にどうぞ。

タイヤの空気圧 単位換算の超簡単な方法教えます!彩 on your world

kPaからbarに変換するのは楽ですね。100で割れば良いんですから。

barubu12
見えにくいですが、一緒に買った計測器でも、ほぼ6barを示しています。
小数点以下は誤差と考えて良いと思います。レースするなら別ですが。

あとは、しばらく乗ってみてトラブルが無い事を祈るだけですね。
米式は構造上、空気が抜けにくいとも言われてますが、バルブ交換だけでも効果があるのか・・・。
これは1週間以上使ってみないとわかりません。
でも、ちゃんとアウターを締めていれば問題は無いと見込んでいます。
しばらくしたら、別記事でレポートでもしてみたいと思います。

・・・で、これに変えたことでマンションの駐輪場にある自動空気入れは使えなくなりましたw
何故かって?英式にしか対応してないからだよっ!
まぁ、あの程度の機械では圧を見ながら入れられないんで、クロスには利用しませんけど。
手で感じ取るしかないんで、適正気圧になってるかどうか不安にもなります(感覚は人それぞれで曖昧ですし)。

というわけで、この英式→米式へ変換できるバルブは、手軽に米式へ乗り換える事が出来るのでお勧めです。
米式の方が空気抜けにくいし、虫ゴムの寿命を気にする必要もありませんし、何よりポンプで空気入れるのが楽です。
適正空気圧かどうかも測定器で測定できて、良いことだらけです。
デメリットと言えば、自動空気入れが対応していなかったりするくらいでしょう。
サイクルライフを快適にしたいと思っている方は、是非ご一考してみては如何でしょうか。

それではこの辺で〆ます。
ではでは。

※追記※
1週間使ってみたレポート書きましたので、参考にどうぞ→米式バルブに変えてから1週間以上たったので所感とか

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。