クロスバイクに1ヶ月乗り続けた所感とか

rkshopper12

どうも、サツキです。

さて、去年末に自転車が壊れてしまったのを機に安いエントリークロスを購入しました。
購入して以来、生活の足として大活躍しております
私には自転車の無い生活は考えられないってくらい、自転車はマストアイテムです。

購入してから1ヶ月くらいが経ちましたので、自転車素人の視点から所感を書いてみたいと思います。
ちょっと長めになるかと思いますが、どうぞお付き合いください(*・ω・)

スポンサードリンク

自転車について

利用している自転車は、以下の自転車です。
[bm url=”https://cyclemarket.jp/product/detail/195″ description=”クロスバイクと聞くとどうしてもスポーティーな印象を持ってしまう方が多いと思います。しかしこの自転車は、肩肘張らずに気楽にのっていただける一台に仕上がっています。”]SHIKISHIMA ATLAS(アトラス)[外装6段変速][/bm]

6段変速が付いたエントリークロスです。ギアはリアだけです。上級クロスによくあるフロントギアはありません。というか、付いていても使いこなせない・・・。
前輪・後輪の泥よけ、フロントキャリア搭載、ブレーキはクロスではよく採用されているVブレーキです。
Vブレーキでよく言われるメリットは、晴天時の制動力が高いってことです。つまり、ブレーキの利きが良いということです。雨天時等は制動力が下がってしまうというのもよく言われる弱点ですね。
比較的パーツが安価だし、複雑な構造になっていないのでメンテンスが容易というのもメリットですね。
パーツは信頼のシマノ製です。国内の自転車の大半はシマノですね。釣り具やボート用品も製造しているみたいですね。
Cymaでの価格は23,000円と手頃なお値段となっているので、スポーツ自転車入門としては最適です。
高級自転車は要らないけど、ホムセンとかで売ってる安物シティよりワンランク上の物が欲しいといったときにもお勧めです。
ただし、レビュー記事でも触れたとおり、シティには当たり前のように付いていたパーツのいくつかが付いていないので、そこは要注意です。

用途・環境など

基本的に家から駅までの移動手段として週5日、毎日使っています。
また、休日の買い物の時にも使います。
まぁ、要するに移動手段として使うことが多いです。週末にサイクリングとかは滅多に行きません。
走る道路は、アスファルトで舗装された道路が多いですが、アスファルトがガタガタな道を走ったりすることもあります。
要は街乗りがメインということです。

所感など

さて、上記を前提として所感を書いていきます。
同じような環境・用途で使用を考えている人の参考になれば幸いです。

1.やっぱり本体が軽い

レビュー記事でも触れましたが、自転車本体の重量が軽量です。
一般的に、シティサイクルは20kgぐらいは重量があると言われています。でも、最近だとシティでも軽量なのは多く存在しますね。
それでも、本格的なクロスとなると10kgくらいしか重量が無いのが多いです。
ATLASは15kgと本格クロスよりは重いですが、一般的なシティよりは軽量です。

私は駅前の地下駐輪場を借りていて、上り下りしないといけないのですが、前使っていたシティは重量があってそれだけでも結構負担が掛かっていました。
ATLASは軽量と言うこともあり、地下からの上り下りが非常に楽です。特に上りが快適になり、疲れにくくなりました。
他にも、ちょっとした方向転換時の負担もかなり下がりました。漕いでいても、重量感はほとんど感じません。

2.速く走れて気持ちが良い

ペダルの漕ぎ出しが軽く、あまり負担に感じません。
故、スピードが出しやすく、スピードに乗ってくると心地よいです。
シティ感覚でゆっくり漕いでいてもグングンスピードが出るので、気づけば結構なスピードで走っていることがあります。
スピードが出るので、極力車道を走るようにしないと危ないです。私は危険で無ければ車道の左側を走っています。
車道を走ると、歩行者に邪魔されずに高速走行出来るので爽快な気分になれますw
ただし、調子に乗ると交通事故になりかねないのでほどほどに。
あと、車道を走る場合は左側を走行しましょう。右側走行(いわゆる、逆走ってやつ)はドライバー側から見ても、自転車側から見ても危険です。
車道の真ん中を車よりも遅い自転車が走行するのも迷惑且つ、危険なので止めましょう。

3.交通ルールを意識するようになった

んまぁ、これは本人の意志が8割なのでクロスに乗ったから劇的に変わるって事でも無いんですが・・・。
シティに乗ってたときは信号無視は平気でしてたし、歩道を走行するなんて当たり前。
雨の日の傘さし運転、右側走行等、事故ったり捕まったりしなければ平気なんて思ってました(今思うとすげぇDQN思考だな・・・)。
最近はちょっと考え方が変わって、信号はちゃんと守るようになったし、なるべく車道の左側を走行するようになりました。
車道に関しては、最初は怖がってましたが慣れたら歩行者がたくさんいる歩道を走る方が怖いって思うようになりました。

傘差しはたまーにやってしまいますが、最近はやらなくなりました。というか、クロスじゃ出来ないし(後述)。
ルール守らないと印象悪くなって走行しづらいですからね。これからも気を付けよう・・・と思ってます。
ちなみに、自転車の交通ルールは以下のサイトで確認できます。

自転車の道路交通法

ながら運転は条例によって異なるので、気になる人は・・・いや、気になんなくても調べておきましょう。
他にもルールはあるので、自転車ユーザーは一度見ておきましょう。
あと、なんとなくですがシティに乗っているときよりも周りに気を配るようになりました。譲り合いの精神・・・大事です。

4.自転車に気を遣うようになった(自転車を気にするようになった)

今までは自転車に無関心なくらいには、自転車に気を遣うことはありませんでした。
タイヤの空気は、手で触ってみてフニャフニャしてきたら入れてたし、チェーンの掃除なんてしたこともありません。
油も気が向いたらペダルを回しながら、ダラーっとかけていく程度には雑でした。
まぁ、とにかく乗れれば大丈夫だろうと思っていたので、自転車の扱いは雑だったんですね。
今回、クロスに変えてからは大切にしていこうと思うようになりました。
メンテナンスの方法だったり、保管の方法、セキュリティ等・・・自転車関連の情報にアンテナを張るようになりました。
最近だと、バルブを英式から米式に変えて空気圧測定可能にしました
週に1回くらいは空気圧を測定して、適正空気圧を保つように心がけるようになりました。というか、今までは適正空気圧なんて気にしたことも無かったです。
たかが自転車、されど自転車、メンテナンスして大切にしていけば末永く使っていけます。愛着も湧くので色々気にするようにもなります。

あと、今まで身の回りで見かける自転車の事なんて気にしたことも無かったのですが、最近は気にするようになりました。
「なんでこんなに汚らしいチェーンのままで平気なのか・・・」「ああいう風に錆びさせたくないな・・・」とか、クロスっぽい自転車を見かけると「メーカーどこかな?」と思うようにもなりましたw
別に自転車を趣味にするつもりはありませんが、なんか気になるようになりましたねw
まぁ、冷めたら気にしなくなるんでしょうけど(←

5.悪天候の走行は怖い

スピードが出るクロスですが、その分雨天や降雪時では危険度が増します。
雨天時は路面が濡れて滑りやすいですし、クロスでは姿勢の都合上、傘が差せないのでずぶ濡れになることは避けられません。
差せなくは無いですが、片手運転になるとシティよりも不安定になり、転倒する確率が跳ね上がりますので危険です。
降雪時は翌日、路面凍結で転倒するリスクがあります(経験済み)。これは、クロスに限りませんが・・・。
レビュー記事でも懸念事項ではありましたが、急な雨に見舞われて雨降ってる中走行することを経験すると、やはり悪天候時は乗りたくないって思いますね。
どうしても・・・というときは、レインコートを着ましょう。そして、スピードは控えめにしましょう。

あと、急な雨の中ずぶ濡れになりながら走行してて、傘を差して走行する自転車や歩行者を危険要素だと改めて思いました。
歩行者は仕方ないとして、自転車なんかは急にバランス崩して目の前に出てきたりしたら・・・と思うと危険極まりないです。
歩行者の傘と接触して事故るリスクもあります。その場合は自転車側が悪くなりますので、最悪は裁判沙汰になってしまいます。
最近だと、自転車事故で多額の賠償金が請求されるケースが増えています。それは事故を起こした本人が大人・子供関係ありません。
(参考:最近の自転車事故の傾向)
交通ルールを守るのもそうですが、悪天候時の自転車走行のあり方も考える必要がありますね。安物でもいいから、レインコートはあった方が良いです。

6.股間と尻が痛い

シティのサドルよりも、クロスのサドルは細いので乗り始めは股間と尻が痛かったです。
前傾姿勢になるが故、体重が常に前方向へ掛かるのでその影響で特に股間が痛くなりがちです。
サドルカバーを買って装着したら大分ましになりましたがそれでも長時間乗っていると痛くなります。
体重をペダルやハンドルへ掛けるようにしても負荷は減ると思います。
乗り方のコツを掴むまでは我慢することになります。。。

7.乗車・降車には慣れが必要

レビュー記事でも触れましたが、乗車・降車の仕方も違います。
シティの場合はフレームを跨ぐ形で乗り降りしていましたが、クロスの場合は回し蹴りする形で乗り降りします。
シティの感覚で乗り降りしようとすると、フレームに足が接触して転倒するリスクがあります。
私も乗り始めて1週間くらいは慣れなくて、フレームに足が接触して転倒しかけたことが何度もあります。
今ではすっかり慣れたのでそんなことは無くなりました。始めのうちは、乗り降りも慎重に行った方が安全です。

8.日用品を自転車に乗ることを考慮して選ぶようになった

特に鞄ですね。自転車に乗る際にも使いやすい物を選ぶようになりました。
クロスには基本、前カゴはありませんし、私は必要なときだけ取り付けるスタイルにしているので鞄はカゴが無い場合でも使いやすい物を選ぶ必要がありました。
ビジネスバッグはショルダーバッグなのですが、3WAYタイプへ変更することを検討しています。吉田カバンのPORTER HEATが気になっています。
普段使いのバッグは、ボディバッグの他にメッセンジャーバッグを購入しました。
バックパックでも良かったのですが、ショルダー派な私にはメッセンジャーバッグがピッタリでした。
ちなみに、カゴはリクセンカウルのやつを買いました。休日の買い物用に。
メッセンジャーバッグは↓のやつを買いました。

定番のティンバックですね。
Mサイズを買いましたが、私の用途ではSでも良かったかもしれません。
でも、大は小を兼ねるともいいますので結果的にはMサイズを購入したことを後悔していません。
ちょっとお高いですが、それに見合った価値はあると思います。

あと、裾バンドはあった方がいいですね。
私はスーツで通勤しているのですが、ズボンの裾がチェーンホイールに引っかかる感じがして、ズボンを傷めていないか心配になっていました。
本格クロスにはチェーンカバーが無いので、尚更必要です。ATLASには付いているので無くても大丈夫でしたが。

9.結構お金がかかる

足りない物を買ったり、メンテナンス用品を揃えたり、バッグ等を自転車でも使いやすい物に・・・。
と、色々揃えていると結構お金が掛かっていることに気づきます。
単品の値段は安くとも、それが積み重なってくると結構な額になっていることもあります。
特に良い物を選ぼうとすると比例して値段も跳ね上がります。まぁ、コスパに優れる物もあるので、多少は目をつぶりましょうw
私は安物買いの銭失いをしたくないので、なるべく良い物を選ぶようにしています。
そう考えると、ケチな人にはクロスは向かないのかもしれませんねw

結論:クロス買って良かった

総評に移りますが、私はクロスを買って正解だと思っています。
ATLASはGIANTみたいな有名どころのクロスと比べれば足下にも及ばないかもしれませんし、自転車を趣味としている人から見ればこれはクロスの”ルック車”だと言われても仕方がありません。
でも、私のような用途で自転車を使っている人間からすればそれでも充分なのです。入門用と考えた場合でもこれで充分なのです。不満が出てきたらステップアップすれば良いだけの話です。
私はこのクロスバイクを買ったことで生活が快適になりました。多少の不便はありますが、代替案はいくらでもあるのでそれでカバーできます。
シティよりも漕ぐのが楽だし、スピードも出て爽快感もあるし、乗ってて楽しいと感じます。
メンテナンスも最初は面倒に思えましたが、実際にやってみるとそうでも無かったのでこれからもしていこうと思えました。
逆にメンテがめんどくさい、自転車に金かけられない、カゴやライト等は標準装備が良い等、そういった人はクロスを買っても後悔すると思いますので、ホムセンとか近所の自転車屋で売ってるシティを買った方が幸せになれると思います。

所感を熟々と書いてみました。
まぁ、気になった人は一度自転車屋とかで触れてみると良いと思います。
あと、買う前に色々情報収集しておくと後悔せずに済みます。

ではこの辺で〆ます。
また次回。

スポンサードリンク
Pocket

One comment

  • umeさん
    2016年5月27日 - 23:21 | Permalink

    はじめまして。
    自分は通勤で一ヶ月前に自転車が皆無の時に見た目と子供の頃乗っていたってだけdマウンテンバイクを購入しました。

    が、体のサイズに合っていなかった。走行距離が片道15キロあるとかで、膝を故障しました。

    調べたらクロスのが軽く700クラスでいいとわかり、色々見ていたら、サツキさんが紹介しているアトラスを見つけ、レビューなど見ていましたが、このブログを見て自分もこれに決めようと思いました。


    わかりやすく非常に参考になりました。
    Cyma premerと迷いましたが、通勤なので、泥除けがあったほうがいいなぁとおもったので(^^)

    来月購入しようと思いますので、その時またコメントでもしたいと思います。ありがとうございました

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。