Category Archives: 時事ニュース

Twitter API1.0廃止が延期に

いつものようにTwitterを眺めていたら、API1.0廃止延期のお知らせがTwitter Developersから配信されたとの情報をキャッチしました。
詳しいことは以下のページより(リンク先は英語です)。

API v1 Retirement Date Extended to June 11, 2013 – Twitter Developers


要約すると、「今後、またAPIのブラックアウトテストするからAPI1.0の廃止を2013年5月7日から2013年6月11日に変更するよ。」ということですね。
これは、この前(4月に)行われたブラックアウトテストで公式クライアントが動かなくなる事案が発生したのも関係あるのでしょうかね。
いずれにしても、1.1へ完全移行することは延期になるようです。

これで、まだ1.1に対応していないクライアントも、もう少しだけ使えることになりますね。
でも、結局、近いうちに使えなくなることは確定しているので移行をしなくてはなりませんが。

ではでは。

スポンサードリンク

TwitterAPI1.0廃止迫る


Twitter社より上記のようなツイートがありました。
4月1日にツイートされたんでエイプリルフールネタのように思いますが、リンク先を見る限りこれは本当のようです(貼ってあるリンクの記事は先月末投稿された物)。
日本語訳はこちら

そうすると、1.1に移行していないクライアントやBOT、Webサービスは来月で全滅してしまうわけです。
私もMusic Tweetingを1.1に移行させて見ましたが、このまま使えるかどうかは今のところわかりません。
もし使えないようだったら、自前でコード書くか、TweetSharpを使って対応しようかと思っています。

開発者側も大変ですが、ユーザ側も色々と制限事項があるので人によっては大変です。
私は投稿頻度少ないし、過去に規制されたことは(実況以外では)ないのであまり危惧していませんが。

ではでは。

Twitterの規約変更の影響

現地時間、9月5日にTwitterのAPIバージョンが1.1にアップデートされたようですね。

参考
Twitter API 1.1リリース 開発者の対応リミットは2013年3月5日にITmedia
明らかになった新Twitter APIの全貌#モリトーク


上記記事のタイトルにもありますが、2013年3月5日までに開発者はこのAPI1.1に準拠するようにクライアントの仕様を変更しなければならないようです。
ここでちょっと、API1.1についておさらいしておきましょう。以下のリンクがわかりやすいと思います。
read more »

BASIC認証終了

今日でついにBASIC認証が終了となるみたいですね。

Twitter、8月31日にOAuthに全面移行 BASIC認証終了ITmedia

記事には米国時間と書いてあるから、正確にはあとちょっとで終了ということなのでしょうかね。
まぁどのみち、今日でBASIC認証とお別れになるのには変わりはない。

まだOAuthやxAuthに対応していないTwitterアプリは今日以降は使えなくなります。
開発者の皆さんは移行を余儀なくされるし、これからTwitterアプリを開発する人もOAuthやxAuthを用いたアプリを作らなければなりません。
まぁ、こうなることは前々からアナウンスされているし、特別な事情がない限りほとんどのアプリは移行を済ませてあるでしょう。
私もクライアント制作を再開する頃にはOAuthかxAuthに対応したアプリを作らなければならなくなりました。

ちなみに、xAuthはTwitterにメールで許可申請しなくちゃいけないらしいので、xAuth使おうと思ってる人は多少の英語力が必要となるので注意。
まぁ、ググればやり方紹介してるサイトで許可を貰ったときのメール文を載せているところもあるから、そこから引っ張ってくるのも良いし、翻訳サイトを駆使して自分なりに文を作ってみるのも良いでしょう。
私は当面、申請不要なOAuthを使って制作をするつもりです。
さて・・早いとこクライアント制作の方を進めなければ・・・。
ではでは。

なる四時発端のOAuth問題

昨日、TL上でなる四時(なるほど四時じゃねーの)のことが話題になり、OAuthがどうのこうのということも話題になり、気になったので記事にしてみます。
まず、なる四時の概要ですが、これは午前四時と日曜の午前0時に時報ツイートを行うものです。
認証にはもちろん、OAuthを利用しています。

ツイート内容はサービス名そのまんま。日曜だけ「なるほどSUNDAYじゃねーの」とツイートする。
で、今回騒動となったのは、「なる四時作者が自分のツイートをなる四時に登録している全てのアカウントでふぁぼらせた」ということです。
このことがツイートされ、騒動となったようです。
read more »