【ウディタ】NPCの移動制限と音楽ファイル形式



さて、ウディタでぼちぼちゲーム制作を開始しております。
今回はタイトルにあるとおり、NPCの移動制限と音楽ファイル形式について触れたいと思います。

スポンサードリンク

まず音楽ファイル形式についてですが、これはウディタでBGMに使用する音楽ファイルの形式についてです。
ウディタには、mp3、ogg、wave、midiが使えます。
うち、ogg、mp3、midiはループさせることが出来ます。
あ、ご存じかと思いますがウディタ1.xxではoggやmp3のループに対応していませんでしたが、2.xxから対応になりました。
詳しいことはここを参照。
oggに関しては、ループ”位置読み込み”に対応したといった方が正解ですね。

なので、実際どれを使おうが問題ないのですが・・・。
それぞれには向き不向きがあります。
こちらを見てもらうとわかるとおり、mp3はウディタで使うには不向きです。
その理由はリンク先を見てもらえばわかりますが、mp3でエンコードした曲には無音部分が挿入される傾向にあるからです。
無音部分が入るというのは、ループさせるBGMにとっては致命的です。

なので、waveかoggかmidiになるわけですが、waveはエンコードも何もしていない生データですからファイルが異常なくらいにでかくなります。
SEなどのほんの数秒しかないファイルだと容量は微々たる物ですので、音質劣化のないwaveはSEに向いています。
そうすると、残るはoggとmidiになるわけですが・・・。

midiはいわゆる「楽譜」ファイルですので、PCに載っているmidiシーケンサーによって聞こえ方が違ってきます。
又、素材を選ぶときにWMPで再生するとシーケンサーの音量が0になる不具合もあります。私は遭遇したことがないのですが・・・。
さらに、ウディタとWMPでは音色が違って聞こえることもあるそうです。
なので、実際に使用するときはウディタで試聴することになります。
まぁ、この辺の手間は有志が作ってくれたウディタ製のツールでどうにかなったりするんですが・・。

一方、oggは音楽データですのでどのPCでも聞こえ方はほぼ同じです。
また、音質もmp3と同等で容量はmp3よりも小さいです。
mp3で問題になっていた無音部分が挿入されることはありません。
ただ、マイナーな形式(だと私は思いますが・・)なのであまり素材として見かけないと思います。

容量で見ると、oggよりmidiの方が明らかにファイルサイズが小さいです(数KB~数十KBくらい)。
音色はmidiの方がoggと比べて軽く聞こえることがあるそうです。
音質に関しては比べようがありませんが、oggは高音質です。

音質を重視するか、軽量化を重視するかで左右されそうです。
あとは、不具合を考慮するか否かというのもありますね。

私はmidiで不具合があるとのことなので、oggを選びました。
大量のBGMを使う場合はmidiの方が良いんでしょうけどね。容量的に。

余談ですが、oggって「オッグ」又は「オグ」って読むそうですね。
私はそのまま「オージージー」って読んでました。

次は、NPCの移動制限について。
これは、ランダムに動くNPCの移動範囲を制限するということですね。
この方法については、現時点ではこちらの方法しかないようです。

要するに、画像のないイベントを置きまくって見えない壁を作るってことですね。



こんな風に。
え?いや、ネタじゃなく、大まじめにこれしか方法がありません。
ウディタにその機能があればいいんですけど、無いですからねえ・・・。
ちなみに、接触範囲拡張でやると普通にその範囲外にも動いてしまいます。
なので、イベントを画像のように一個一個置いていく必要があります。
ルートを自分で設定すれば良いと思う人も居るでしょうが、毎回違った動きをさせたいときだってありますしね。

というわけで、移動制限については以上!(短っ

ゲームの方はぼちぼちと、マイペースに作っていこうと思います。
ある程度完成したら、体験版として公開できたらいいなぁ・・・。

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。