派遣就労開始から3週間強講習を受けてCCNA試験を受験した結果wwwwwwwwwwwwwwww

8月も今日で終わりですねぇ。なのに、まだ暑いですねぇ・・・( ;>д<)
まだ暑い日が続くらしいですが、暑さに負けないようにしたいところです。

さて、表題にあるとおり、派遣就労が今月の6日から始まり、資格試験の講習を他の人より5日遅れで受けていたわけですが、先日講習が終わるということで会社から取得を促されていたCCNA試験を受けてきました。
結果はというと、見事合格いたしました('ω')✌

講習ありでも、こんな短期間で取得は無理ゲーだろう・・・最初はそう思っていましたが、人間やればなんとかなるもんだなと改めて思わされましたw
こんな短期間で取得できたのは、会社のe-Learningにある演習問題の精度が高かったのと、講師の丁寧な解説のおかげなのかなと思っています。
特に会社のe-Learningにはかなり助けられました。出題された問題が、ほとんどe-Learningと似たような問題ばかりだったので。
試験が終わった後、復習をしてみるとほとんど同じような問題が出ていたので、思わず笑ってしまいましたw

そして、若干日本語が変な問題やシミュレーション問題で「サブネット中のthirdのアドレス」みたいな表記があって、ちょっと戸惑いました(third=3番目)。
ですが、日本語訳がひどい問題はなかったので、本当に良かったです。

来月末からは問題が変わってしまうということなので、これから受ける人は大変だろうなぁ・・・と思ったりします。
「CCNA取得はいつするの?今でしょ!」といったところでしょうかw

あ、ちなみに、勉強には会社の講習とe-Learning以外に、Ping-tCCNAイージス3分間ネットワーキングも利用しました。
3分間ネットワーキングとCCNAイージスは、講習で理解しきれなかったところの補完をする時にお世話になりました。
特に3分間ネットワーキングは、PCに疎い人には取っつきやすいでしょう。キャラクター同士の対話形式になっていて、読んでいておもしろいですし。

Web問題ならPing-tがいいです。
私の場合は、前述したとおり会社のe-Learningの精度が高かったのであまり利用しませんでしたが、こちらも問題の精度は高いです。
独学でCCNAとるなら、ここの利用は必須ですね。ちなみに、問題集は会員登録(無料)が必要です。

あとは、CCNAイーグルもなかなかいい感じです。
こちらは、シナリオとシミュレーション問題もあるので、本番さながらな模擬試験が受けられます。
ただし、イーグルは会社や学校などからのアクセスは禁止しているので、注意が必要です。
シミュレーション対策をするなら、ping-tのプレミアムコンテンツを利用するのも手ですね。
私の場合は、会社の方でシミュレーターが用意されていたので、それで対策を施しました。シナリオは、会社提供のテキストとイーグルで対策を施しました。

これから、短期間でCCNAを取得しようと思っている人は、講習があるならそれに参加してみるのが一番手っ取り早いです。
ただし、一般的なところだと結構お金がかかってしまうので、そういうのにお金をかけたくない場合は前述したサイトでの勉強や教科書を購入して勉強する方がいいと思います。
教科書は、こちらのページでご紹介されている黒い本を購入するのがいいみたいです。

というわけで、これで正社員入社の最低条件はクリアしたことになります。
あとは、担当者の裁量次第といったところでしょうか。
社会人経験がない分、足りない部分はたくさんあるのでこれから改善していって、何とか入社させて貰えるようにがんばりたいとこです。

ちなみに、来月からはLPICの講習を受けることになりました。
Ciscoの次はLinuxかよ・・・という感じになりそうですが、私的にはLinuxの勉強した方がおもしろいかなとは思ってます。
今まで趣味でLinuxでWebサーバー構築したり、設定いじったりしてましたからね。
久々に、VirtualBoxにLinuxでも構築してみようかな・・・。

ではでは。

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。