東電 細分化した計画停電グループを発表

3月26日より現在の5Gをさらに細分化して25Gにするという情報が流れましたが、詳細が発表されたようです。
内容については以下の記事からどうぞ。

3月26日(土)から細分化される東京電力の計画停電全25グループ一覧GIGAZINE

17時現在、東電のTOPページにはまだ反映されていないようですが、こんな感じになったようです。
私の住んでいる地域は4Gで、その中でもBグループに属するようです。

しかし、偶然なのかなんなのか、私の住んでいる地域で午前の停電が実施されたことは今のところありません。
今のところ、実施されたのは、15:20~19:00と18:20~22:00の時間帯でした。
この時間帯って、個人的にちょっと微妙に感じていたりします。
今のところ、この時間帯は家にいますからねぇ・・(^^;
外出したとしても、近場に何か買いに行く程度なので、近場の店が同じグループだった場合は買い物も出来ないわけで・・。
まぁ、そんなこともあって、微妙に感じている次第です。

スポンサードリンク

ご存じだとは思いますが、停電前には家電のプラグをコンセントから抜いておきましょう。
家電製品はそういった事態を考慮して作られているので、あまり心配することではないですが、繰り返すと壊れる恐れがあるので、プラグを抜ける物は抜いておきましょう。
特にデスクトップPCは、ハードディスクや電源等の損傷に繋がるので要注意です。
(参考:yahooの計画停電対処法のページ)
停電前にはPCをシャットダウンしておくことが望ましいですが、それが出来ない場合に備えてUPSを導入しておくのも良いかもしれません。

しかし、ここで勘違いしないで欲しいのは、UPSは非常用のバッテリーであって、停電中もデスクトップPCを常用を可能にするバッテリーではないということ。
UPSの本来の目的は、雷等で停電した場合でも安全にPCの電源を切れるようにしてくれる物なので、一般的なUPSだと数十分しか持ちません。
“無停電装置”という名前から、数時間持つ物だと誤解して購入を検討する人もいるようですが、そうではないということに注意が必要です。(数時間持つタイプもあるようですが、個人で手に入るレベルではないです)
停電時も常用するなら、ノートPCでも買えばいいわけですしね。
UPS(無停電装置)に関する詳しい情報はWikipediaを参照。

今後も続くとみられる計画停電。
自分が住んでいる地域がどのグループなのかを事前に把握し、市のHPや東電のHPで情報を常にチェックしておきましょう。
ではでは。

スポンサードリンク
Pocket

Comments are closed.