近況報告とか

もうすぐ大学を卒業してから1ヶ月が経とうとしています、サツキです。

大学を卒業したはいいものの、就職できずに「就職浪人」となってしまいました。
ブログ記事では内定取るぞ-!と気合いは十分でしたが、結果は惨めなものになってしまいました。
今のご時世、就職浪人なんて珍しい物ではないですが、いざなってみると複雑な気分になります。

家に居ることが多いため、親から時折重圧をかけられることもありますし、就活以外の余暇を持て余してしまいがちです。
アルバイトでもして、フリーターになれば話は別ですが、そうでない人も少なくはないと思います。
そうなると、暇な時間を何かに有効活用しないともったいないわけですが・・。

スポンサードリンク

私は字が下手で、手書きした履歴書を見ると自分でも汚く思えてしまうほど・・・。
これはまずいなぁと思い、ここのやり方で硬筆トレーニングをしています。
50音46文字を毎日2回書くだけなので、お手軽です。

見本は書籍を買ったり、フォントを探してWordで出力したのを印刷したりすればOK。
私はWordで出力したのを印刷して、それを見本にしています。
ただし、このやり方の場合は見本にするフォントは教科書体や楷書体が良いと思います。
明朝でもいいんでしょうけど、教科書体や楷書体の方が字があまり崩されていなくて良いと思います。
Windowsにも標準で「HG教科書体」とか入っていますので、それを出力して印刷する方が良いと思います。

ちなみに、私はモトヤの「NTモトヤ教科書」というフォントを使いました。
有料フォントですが、お試し版が無料でダウンロード出来るので、フォントの入れ方がわかっている人はこちらを使うのも良いかもしれません。

他にも、天声人語の書き写しなんかもやっています。
小論文などに必要な文章構成のリズムが身につくんだとか・・・。
どちらも、継続しないと効果は出ないですけどね。

とまぁ、空いた時間はこういった自己啓発に充てています。
とりあえず、今年度こそは職を得られるようにがんばっていこうと思います。

ではでは。

【参考リンク】
1日2回50音を書くだけで字がうまくなる – タケルンバ式硬筆トレーニング
朝日新聞デジタル

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。