正しい日本語のこととか

12月に入って一度も更新してなかったことに気づき投稿(←

いやぁ、12月に入ってから本格的に寒くなってきましたね。
防寒も大切ですが、空気の乾燥にも注意しなくてはいけませんね。
私は早速、喉と鼻をやられています(・ω・;)
ノロウイルスも流行っているようなので、皆様もお気を付けて。

さて、今回は正しい日本語についてです。

スポンサードリンク

私たちの母国語は当然日本語なわけですが、母国語を正しく使えている人はあまりいないと思います。
少なくとも私の場合は、正しく使えてない方が多いです(苦笑)
最近、TVのクイズ番組やバラエティー番組でも間違った日本語の正しい意味について触れられています。

まず、皆さんは「爆笑」という言葉の意味をご存知でしょうか。
大半の人は「一人で腹を抱えて笑うこと」だと思っていると思います。
今風(?)に言えば、大笑いの上級バージョンみたいな感じですかね。

でもこれ、実は間違いで正しくは「大勢の人たちがどっと笑うこと」で、一人で腹を抱えて笑っていることを指す場合は「大笑い」を使うのが正しいそうです。
Webで調べてみると、確かにそう書いてあります

これを初めて知ったのは、毎週日曜のお昼にやっているスクール革命という番組内の正しい日本語を学ぶコーナーを観た時ですね。
他にも色々と触れられていましたが、忘れてしまいましたので割愛。
なので、よくあるTVの宣伝文句で「○○が大爆笑!」みたいなフレーズは間違っていて、「スタジオ大爆笑!」みたいなフレーズは合っている事になりますね。

あとは、「手前味噌」というのもありますね。
手前味噌の意味を調べてみると、

自分で自分を褒めること。自慢。▽かつて味噌みそは自家製で、自分が造った味噌を互いに自慢し合ったことからできた言葉。
goo辞書より

とあります。

これは私がいつも巡回しているWebサイトで使われていたのですが、そのサイトでは「手前味噌で申し訳ありませんが、○○というイベントに出展させて頂くことに~」という文でこの四字熟語が使われていました。
この場合は「お知らせがイベントの手前になってしまって申し訳ありませんが~」というニュアンスで使っているのだと思います。
でも、本来は上記にあるとおり、自慢することになります。
なのでこれだと「自慢じゃないけどちょっと聞いて」って事になってしまうので、これは素直に前述した感じで書いた方が正しいということになりますね。

そして、よく使われる「にやける」という言葉。
大半の人は、にやにやと笑みを浮かべている様のことを指す言葉として使っていると思います。
でも、調べてみると、

男が変にめかしこんだり、色っぽいようすをしたりする。
《若者言葉》にやにやする。口許がゆるんで笑顔になる。
goo辞書より


とあるように、「男性が色っぽい仕草をする」というのが本来の意味なんですね。
でも、ほとんどの人が2番目の意味で使っていますよね。実際、私もそっちの意味で捉えています。
というか、2番目の意味は若者言葉だったのか…初耳です。

最後に「失笑」という言葉。
たまに「これは失笑ものだ」というフレーズを見かけますが、大半は「呆れて笑いも出ない」という感じのニュアンスで捉えていると思います。
または、あざ笑っている様と捉えられることもあると思います。
でも、これも間違いで正しくは「こらえきれず吹き出して笑う」ことを失笑というんだそうです。
(参考:goo辞書 – 失笑の意味)

なので、「○○見てお茶吹いた」みたいなシーンだと失笑したということになりますね。
「笑」いを「失」う(順番は逆ですが)と書くので、笑いがなくなる様を思い浮かべがちですが実はそうじゃないんですね。
私も本来の意味を知るまでは、笑いがなくなった様を指す言葉だと思っていました。

このように、調べてみると間違って使われている日本語は多々あります。
しかし、本来の意味をかき消されて、間違った意味が正しいとされてしまった言葉もあります。
それについては、聞いたことがあるのですが忘れてしまったので触れませんが(;-ω-)

日本語は正しく使うのが難しい…そして、間違ったまま認識された言葉を正すことも難しい。
正しい日本語を使っていきたいものですね。

それではこの辺で。

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA