PS Vita ファームウェア1.80配信開始



今日からPS Vitaのファームウェアの最新版である1.80が配信開始になりました。

スポンサードリンク

参考:
PS Vitaが初代PlayStationタイトルに対応。本日配信開始のシステムソフトウェア バージョン1.80で4Gamer.net

PlayStationRVitaシステムソフトウェア アップデートプレイステーションR オフィシャルサイト

オフィシャルサイトによれば、

  1. PlayStationR規格ソフトウェアに対応
  2. メッセージを作成中に、カメラを起動し写真を撮影して添付できるようになった
  3. プレイリストを再生できるようになった
  4. 可変速再生、早戻し/早送り、リピート再生、サムネイルの自動作成に対応した
  5. ホーム画面や、アプリケーションの一部の機能を、PS Vita本体のボタンでも操作できるようにした
  6. キーボードに日本語の五十音キーボードを追加

が、主なアップデート内容になっているようです。
現在、対応している・これから対応されるPSソフトについては特設ページに公開されています。

このアップデートで、今までホーム画面では役目がなかった方向キーやスティック、ボタンでの操作が可能になるわけです。


こんな感じに設定項目があり、これを有効にすれば使えます。


スティック or 方向キーを動かすとちょっと分かり辛いですが、選択されたアイコンの周りが青くなります。

○ボタンで起動、LiveAreaで×ボタンを長押しで終了できます。
やってみるとわかるんですけど、終了はタッチスクリーンをスワイプした方が早いです。

他にも通知バーのレイアウトも、以前よりも見やすい物になっていたり、ブラウザーのレイアウトが変更になっていたりと盛りだくさんのアップデート内容となっています。
このアップデートで、Vitaが使いやすくなってきたのではないでしょうか。
まだアップデートしてない人は、してみると良いかもしれません。

ではでは。

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。