PS3 HDD換装 ~準備編~

私はtorneをフル活用し、内蔵HDDに番組を録画しまくっています。
視聴したら消すというスタンスで使っているのですが、視聴する時間が取れなくて追いつかなくなり、とうとうHDDの残り空き容量が15%を下回ってしまいました。
外付けHDDも無いので、いっそのことHDDを換装しようと思い立ちました。

というわけで、ここからはPS3のHDD換装記として記事を書きたいと思います。
まずは、準備編から。

スポンサードリンク

とりあえず、HDDを調達します。
HDDはノート用の2.5インチ、厚さ9.5mmタイプのSATAタイプを用意します。
次にバックアップ用の媒体も用意します。
私はtorneで撮った番組の分もあるので、余っている内蔵HDDをバックアップ媒体にします。
内蔵HDDを外付け化するためにHDDケースも用意することに・・・。

というわけで、上記2つを調達します。
HDDは風見鶏にありました、東芝製のHDDを注文。
HDDケースはAmazonにて、玄蔵を注文。

昨日注文し、今日の午後3時頃に到着。
Amazonの方は、T.M.G.という聞き慣れない運送会社で発送してきました。
調べてみると、悪評の嵐でちゃんと届くか不安でしたがちゃんと届きました。
風見鶏の方はクロネコメール便でした。


これが届いた玄蔵。


中身。
本体、固定ねじ×6、USBケーブル(TYPE-B)、ACアダプタ、スタンド。


本体。
写真で見るとプラスティックっぽい素材で出来ていると思われますが、しっかりとアルミ素材で出来ています。


今回はこのHDDをバックアップ媒体にします。
サムスン製の320GB。


HDDをケースに収めて、とりあえず設置してみた図。
無理矢理置いた感がありますが、その通りです(苦笑)

媒体の準備が出来ましたら、いよいよバックアップ作業に入ります。
まず、HDDをFAT32でフォーマットします。
PS3はNTFSに対応していないので、このような措置が必要です。
フォーマットツールは、FAT32Fomatterを使います。
フォーマットしましたら、PS3と接続してバックアップユーティリティーよりバックアップを開始します。



バックアップにかかる時間はデータ量によりことなりますが、大体1時間~2時間程度で終了すると思われます。
トロフィーデータはHDDにバックアップ出来ないので、予めサーバーと同期しておきます。
バックアップが終わりましたら、いよいよHDDの換装です。

続きは別の記事に書きます。

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA