Fibre Flareライトを買ってみた

fibarflare4
どうも、サツキです。

夜間、自転車を走行する際は前方のライトは勿論、後方にもライトは必要です。
法律的には反射板が付いていればOKなんですが、存在をアピールして事故防止を図るには心許ないです。
まぁ、マナーの悪いやつには効果が薄いですが常識人なら存在に気づけばそれなりの配慮はします。事故って面倒は起こしたくないですしね。

というわけで、テールランプとして今回購入したのが「Fibre Flare(ファイバーフレア)」です。
ロングタイプ、ショートタイプ、スーパーショートタイプがありますが、ショートを買いました。
リア用は赤だけですが、フロントとサイド用には青とか黄色等が用意されています。
まぁ、リアが赤だけってのは法律でそう決められているからです(参考:夜間・トンネル内でのライト点灯)
テールライトとして使うので、リア用の赤いやつを購入しました。

というわけで、ファーストインプレッションをお届けします。

スポンサードリンク

fibarflare1
まず、パッケージです。
Fibre Flareという文字がでかでかと書かれていますね。

fibarflare2
多分裏側。
ちなみに、パッケージにはQRコードが付いていて、ここから簡単な説明書とかが閲覧出来るみたいです。
もちろん、PCからも見れます。
親切なことに、日本語マニュアルもあります。付け方に迷ったらこれを見れば良いですね。

fibarflare3
中身。
本体、取り付け用シリコンバンド、モニター用アルカリ電池2本が入っています。
ちなみに、本体にも既に電池2本が入っているので、合計4本付属していることになります。

fibarflare7
これが電源ボタンですね。
1回押すと光り、もう一回押すと点滅、さらにもう一回押すと消灯します。

fibarflare6
クリップ部分。曲げてはいけないと注意書きされたシールが貼ってあります。

fibarflare4
スイッチを入れてみた。まぶしい。
明るいところだとちょっといまいちですが、近くで見るとまぶしいです。

fibarflare5
暗くしてみた。
かなり明るいことがわかります。目立つ分には問題無さそう。

fibarflare8
取り付けイメージ(メタルラックの柱に取り付けてみた)。
実際はフレームのステー部分に取り付けることになるでしょう。
自転車本体以外にも取り付けられるようになっています。

fibarflare9
こんな感じに付けます。
巻き付けて、ビロビロと出ているシリコンゴムを穴に通し、赤いフックに引っかけて固定します。
結構引っ張らないと引っかけにくいので、勢い余ってシリコンバンドを引きちぎらないように注意が必要ですね。

さて、色々見ていきましたが感想を。

まず発光量は問題無いくらいに明るいです。これなら周囲に自分の存在をアピールできます。
街頭の多い場所や、車の交通量が多い場所では見えづらくなりそうですが、左端にブレーキランプとは違う光が見えれば「何かが居る」と思わせることは出来るでしょう。
路地裏とか街灯の少ない場所を通る際はもちろん、抜群に目立ちます。
ただ、ショートステーに取り付けたときに見る角度によっては見えづらくなることもありそうです(特にサイドからの視認性が落ちるかも)。

取り付けについてですが、取り付けにくいですね。いや、取り付け方は簡単なんですが、実際付けようとするとやりにくいです。
やり方は前述したとおりですが、バンドを付けっぱなしにすること、バンドからライトを取り外すことも考えると、シリコンゴムの強度に懸念があります。
ステーへの固定は、一番内側の穴に通せばガッチリ固定出来ますが、余ったバンド部分がスポークに当たらないように工夫する必要があります。
当たってしまうと、走行中にバンドを巻き込んで大惨事になりかねません。

そうそう、本体の上下(又は左右)部分はシリコンゴムで覆われています。故、ホコリを拾いやすいです。
バンドもシリコン製なので、すぐにホコリが付き、それは粘着テープ使ったり、水洗いしない限りは落ちにくいです。
電池を入れる場所も、上下(又は左右)に1個ずつで、シリコンゴムで覆われているので交換がやりにくいです。
この辺は個人的にイマイチポイントだと思っています。

真後ろだけなら、自転車用のテールランプで良いでしょう。でも、横からの視認性も気にするならこのファイバーフレアはお勧めです。
ちょっと付けにくかったり、シリコン製で埃を拾いやすかったりしますが、充分な光量はありますし一般的なランプよりもオシャレです。
目立ちやすいライトを探している人にはうってつけです。是非、ご一考してみては如何でしょう。

この辺で〆ます。
ではでは。

商品リンク:

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。