PHILIPS パワータッチ PT725を試すⅠ

先日、前々から気になっていたPHILIPSのシェーバーを購入しました。
今回購入したのはパワータッチ PT725というもの。

これは、同時期に発売されたアクアタッチから、防水などの機能を省いた廉価版シェーバーです。
価格はAmazonで3,845円。
※2013/5/25訂正※
現在はもっと安くなっています。
私はヨドバシ.comでポイントを使い購入しました。


Ⅰということで、シェーバーの使用感を複数の記事で書きたいと思います。
まずは、初日の使用感などを書いていきます。
スポンサードリンク

2012-05-21-14.41
これが今回購入したパワータッチ。
8時間充電で40分使用可能。交流・直流両用なので、電池がない時でもコンセントに挿せば使えます。
水洗いは可能ですが、ウエット剃りには対応していません。

で、今日の朝に早速こいつを使って髭を剃ってみました。
今まではラムダッシュES-GA21(現在は生産終了、現行モデルはES-LT20)を使っていました。
これは、ウエット剃り対応で且つ、廉価だったことから購入した初シェーバーだったりします。
これを購入し、使った時は驚きと感動をしました。
肌が弱い私でも、カミソリ負けが少なく深剃りが出来るんだなと。

これを機に、他社のシェーバーも気にするようになり、ドライ剃りでも肌に優しいと評判のPHILIPSのシェーバーが気になり始めた訳です。
最初は、センソタッチに注目していましたが、価格的に買うのを躊躇してしまっていました。
そうしているうちに、廉価版であるPT725が出てきたので、購入に至った訳です。

肌に優しいということで、期待を高ぶらせながら早速シェービング。
初めての回転式ということもあり、いつものように上下させるスタイルではなく、円を描くようにするスタイルに慣れず、少々手こずってしまいました。
挙げ句の果てには、カミソリ負けしてしまい流血までしてしまいました。
これでは深剃りが出来る出来ないの問題ではありません。

「どこが肌に優しいんだよPHILIPS!!」とシェーバーを投げてしまいそうになりましたが、冷静になり「最初はこんなもんか」と妥協。
確かに、商品レビューにも最初の内は流血したっていう人もいましたし、説明書に「慣れるまで2~3週間かかる場合があります」と書いてあったので納得いきます。

まぁ、初日の使用感はよくありませんでしたが、慣れればきっと感想も180度変わると思います。
ではでは。

商品リンクはこちら

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。