Russell Hobbs カフェケトルを買ってみた

ketoru8

もう12月ですね~。
これから本格的に寒くなってきますね。
そして、師走ということで色々と忙しくなる時期でもありますね。
この時期を乗り越えれば、年末年始。お休みの方、仕事のある方、様々だと思います。
ちなみに、私は年末まで仕事がある人です・・・orz

さて、タイトルにもありますが、Russell Hobbsの電気ケトルを購入しました。

スポンサードリンク

電気ケトルは以前から気になってはいたものの、どれが良いかわからず悩んでいて買ってませんでした。
有名なのはCMで同じみ、T-Fal

こちらのケトルは、樹脂の臭いなどが多く指摘されている感じでした。
あとは、保温とかも指摘があった気がしますが、ケトルに保温性なぞ求めていないのでそこはスルー。
プラスチック製なので、本体に触れてしまって火傷をするという心配もあまりないみたいです。
容量は0.6~1Lのものがあり、一人で使うには十分な量でした。

で、調べてみるとどうやらステンレス製のものもあるみたいで、その中で候補に挙がったのが『Russell Hobbs カフェケトル』。
こちらは、ステンレス製ということで、本体が熱くなりやすく火傷の心配があったり、蓋が開けにくいという指摘がちらほら見られました。
しかし、それ以外にあまり否定的な意見が目立たちませんでした。
容量は、0.8L、1L、1.2Lの三種類。

んで、結局、見た目とステンレス製ということで、カフェケトルにしたわけです。
というわけで、写真とともにレビューを書いていきます。

ketoru4
パッケージ。前面・背面ともに同じでした。

ketoru5
側面。反対側も同じでした。

ketoru8
中身。
ケトル本体、蓋、ヒーター、説明書というシンプルな構成。

ketoru1
これがケトル本体。
底面にはLEDとスイッチがついています。

ketoru6
底面。消費電力は1250Wです。
一見、高いように見えますが、これはお湯を沸かす間だけ流れるワット数なので、電気代の心配はあまりないかと。
逆に、これが低すぎるとお湯を沸かすのに時間がかかっちゃいます。

ketoru7
ケトルの中もしっかりステンレス。

ketoru2
これがヒーター。
これにケトルを乗せて、お湯を沸かします。

マグヌードルを食べる際に、試しに使ってみましたが、中々良い感じです。
お湯を沸かすときに音が大きくてちょっとビックリしましたが、短時間で沸いてくれました。
ケトルも持ちやすく、お湯も注ぎやすいです。
注ぎ口の形状が細く適度に曲がっているおかげか、注ぐときにお湯がはねることもありませんでした。

蓋についても、言うほど固くはありませんでした。
逆に、外れやすいとちょっと心配になりますね。倒れたときとか。
ちなみに、転倒防止の機能はありませんが、空焚き防止機能はあります。
大きさもちょうど良い感じです。
自室においてますが、良い感じに馴染んでくれてますw

難点をあげるとしたら、
・ケトル内部の注ぎ口接続部にちょっとした段差があってお湯をすべて出し切ることは出来ないこと(ほんのちょっとだけ残る)
・本体が丸洗い出来ないこと
くらいですかね。
底部にLEDやスイッチがあるので、丸洗いが出来ません。
お手入れは、ステンレスクリーナーかなんかでする必要があります。

とまぁ、色々書きましたが、見た目はオシャレですし、湯沸かし力や機能的にもケトルとしては十分だと思います。
なので、電気ケトルで迷っている人は候補の一つに入れてもいいかもしれません。

あと、余談ですが、マグヌードルはたまに食べると美味しいですねw
子供の頃はよく食べていたものですw
量的には、夜食とかスープ代わりにちょうど良いですね。

というわけで、ケトルのレビューでした。
ではでは。

商品リンクはこちら:

よろしければこちらもどうぞw:

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。