Windows Liveメールをタスクトレイに常駐させる方法

なんか今更感があるネタですが・・(^^;

Windows7になってから、Window Live MessengerやSkype等の常駐アプリケーションはタスクバーにアイコンが表示されるようになりましたね。
Vistaまでは、タスクトレイにアイコンが表示されていました。
しかし、常駐アプリを起動しておく時には、タスクトレイで起動していてくれた方が良かったりすることがあります。
私はメーラーにWindow Live メールを使っていて、これを常駐させたい時があるのですが、Vistaの時まであった「最小化時にはウィンドウを非表示にする」というメニューが7では無くなっているのです。
私は常駐アプリはタスクトレイで起動していてくれた方が助かると思っているので、これはちょっと不便に感じました。
で、調べてみた結果、互換モードで起動させると使えるとのことなので、早速互換モードをVistaSP2にしてやってみたら、メニューが復活しました。
これでタスクトレイに常駐させることが出来ます。

しかし、これはちょっと互換モードを使わなきゃいけないという点で、ちょっと面倒ですね。
まぁ、1回設定してしまえば別に一々設定し直す必要は無いんですけどね。
そういえば、Windows LiveおすすめパックがWindows Live Essentials 2011に変わりましたね。
おすすめパックは現在でもDLは可能です。
個人的には、メッセンジャーがちょっと使いづらくなったと感じました。
Skypeみたいに、ワイドビューとコンパクトビューみたいなのがあって、ワイドビューにすると、更新情報やMSNニュースがでっかく表示され、右側にメッセンジャーのオンライン状態が表示されるって感じのUIになります。
コンパクトビューにすれば、従来のスタイルになります。

正直、従来のスタイのままで良かったのになぁとか思ったりします。
なので、今はおすすめパックから旧バージョンを入れて、それを使ってます。
あと、Windows Liveメールも、メッセージがグループ化されたり、Office2010のようなリボンスタイルになったりしてましたが、私には合わなかったので、こちらも旧バージョンを使ってます。
尚、XPを使っている人にはアップデートの通知が来ません。というか、これ自体XPには非対応です。
たぶん、それの関係でおすすめパックも残っているんだと思います。
それではまた。

スポンサードリンク
Pocket

Comments are closed.