WordPress プラグインの相性問題

先日、突発的にメンテナンスを行いましたが、そのときに悩んだことに関する備忘録としてこの記事を書きたいと思います。
メンテナンスにした理由は、Contact Form 7が動かないのでプラグインを無効にする必要があったため。
プラグイン全部を無効にしてしまうと、サイトデザインが崩れたり表示されにくくなったりするからです。

まぁ、それはさておき、本題に移ります。
本題はプラグインの相性問題・・・そう、Contact Form 7が何かしらのプラグインとコンフリクトして動かなかったのです。
それを調べるために、全プラグインを無効にして一つずつ有効化して確かめていったのです。

スポンサードリンク

そして、犯人が表示高速化のために入れていたHead Cleanerでした。
これは、JavaSriptの読み込みコードをフッターに移動したり、CSSを整形して表示の高速化を図るプラグインです。
私は高速化の一環としてこいつを入れましたが、前述の通りコンフリクトしてしまったわけです。

私の使っているサーバーでは、プラグインがコンフリクトを起こすと管理画面で500エラーになります。
500エラーになると、原因となるプラグインファイルを物理的に削除するか、DBを弄ってプラグインを無効化しないと管理画面で永遠に500エラーが出続けるのです。

というわけで、現在はHead Cleanerを使っていません。
よく考えてみると、JavaScriptの読み込みコードをフッターに移動すると不具合が起こるプラグインがいくつかありました。
しかし、それはプラグインの設定で回避することが出来ました。
が、設定を弄っても回避出来なかったプラグインもありましたので、私の環境とは相性が悪かったのでしょう。

Script Compresserに続き、Head Cleanerが使えないとなるとまたもや高速化プラグインを別に探す必要がありますね・・。
相性問題はこちらではどうにも出来ないので、困ったものです。

ではでは。

※2012/5/28追記

またメールフォームが不調になりました;
何が原因なのか未だに不明。調査中です。

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。