WordPressでプラグインの更新が出来ない時のメモ

Wordpressには、自動アップデートという機能がありますね。
それを使うことにより、プラグインやWordress自体のアップデートが出来るわけです。
ファイル取ってきて、それを上書きして・・ってやっても良いのですが、一々取りに行くのはちょっと面倒です。

しかし、サーバーの環境によって、この機能が上手く動作しないことがあるそうです。
私は共用サーバーを使っているのですが、更新しようとするとFTP情報の入力を促されました。
ここには、WordpressをインストールしたサーバーのFTP情報を入れれば良いのですが、私の場合は入れても上手くいった試しがないんです。

スポンサードリンク

色々調べていると、定数をwp-config.phpに追加するだけで、FTP情報の入力をスルー出来るみたいでした。
(参考:FTPの接続情報を設定せずにWordPressを自動更新させる方法
define('FS_METHOD','direct');
上記を記述すれば良いみたいでした。

で、やってみたら更新が始まったのですが・・・今度は古いプラグインが削除出来ないよというメッセージが・・・。
これはちょっと厄介で、原因が掴めるまでに時間がかかりました。
手法は様々なのですが、私の場合はwp-contentフォルダにあるpuluginsフォルダのパーミッションを「777」に変更したところ、上手くいきました。
要するに、書き込み権限が無かったわけですね。

恐らくこれで、プラグインのインストールもWordpress上で出来るようになった・・・と思います。
今度試してみようと思います。

ではでは。

※2013/6/6追記※
参考リンクが張られていなかったのを修正しました。

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。