福田首相辞任

福田康夫首相(72)は1日夜、首相官邸で記者会見し「この際、新しい体制の下、政策実現を図らなければならない」と述べ、退陣を表明した。内閣支持率の長期低迷に加え、衆参両院の与野党勢力が逆転する「ねじれ国会」で国政の停滞を招いたためとみられる。7月の主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)や内閣改造による人心一新も支持率改善に結びつかず、政権運営に行き詰まった。
 在任期間は11カ月で安倍晋三前首相の約1年より短く、2代続けて首相が退陣に追い込まれる異常事態となった。首相は退陣について「先週末までに決断した」と述べた上で「今が政治的空白をつくらない一番いい時期と考えた」と説明した。与党内では「福田首相では衆院選は戦えない」との空気が強まっていたことから、与党大敗を回避するためには、自ら衆院解散に踏み切らず、身を引くのが妥当との判断が働いたようだ。
 首相の辞意表明を受け、自民党は早期に総裁選を実施し、新総裁を選出する。麻生太郎幹事長(67)らを中心に、後継選びが進むとみられる。2005年9月の郵政選挙以降、小泉純一郎氏から安倍、福田両氏と、衆院選を経ずに首相が3度も交代することになり、新首相の下での早期衆院解散・総選挙を求める声が強まった。
(中日新聞記事より)

福田さん、辞任するのか。
次は誰が首相になるのやら・・・。
そんでもって、しばらくテレビはこのニュース一色でしたね。
突然番組が変わって驚いた方も多く居ると思います。
まぁ、私はテレビ見てなかったのでモバゲーのトップ見るまでわかりませんでした(^^;

スポンサードリンク
Pocket

Comments are closed.