4.0GHzOC達成

昨日、今日と冬かと思うくらいの寒さでしたね。
そんな中、またもやOCと奮闘していましたが、今度こそ4.0GHzでの安定動作が確認できました。(Prime95にて12時間安定動作を確認)
BIOS設定を電圧は1.4750Vまで盛り、FSBは200固定、倍率20倍に設定。
室温24度~28度でCore温度はアイドル時で32℃~40℃で安定しています。
高負荷時は40~60℃前後でした。

こうしてみると、やっぱりあちこちで言われている通り、PhenomII 1090T BEはOC耐性に優れていると感じますね。
リテールクーラーではないですが、空冷でここまでいけるのはすごいと思います。
ちなみに、4.2GHzに挑戦しようとしましたが、4.0GHzとの奮闘に疲れたんで、一旦OCはここらで止めることにしました。
前にも書きましたが、ここから先は水冷クーラー導入やPCケースの冷却強化をしてから挑みたいと思います。
で、肝心のパフォーマンスはというと、CPUの冷却は十分なんですがそれ以外のパーツの冷却が足りないみたいで、思った通りにスコアが出ませんでした。
ですが、十分に冷えた頃に起動させてベンチを回したところ、スコアは上がっているようでした。
FFベンチはイマイチな結果になってしまいましたが、全体的にパフォーマンスアップを図れました。
後は冷却をどうにかするだけです。
それではこの辺で。

スポンサードリンク
Pocket

Comments are closed.