Mac book pro retinaディスプレイモデルを購入

mac1

どうも、またまた久しぶりの更新です。サツキです。
更新がなかったのは、死んでいたのではなくただ単にネタがないという些細な理由ですw

さて、表題にあるとおり、Mac book pro retinaディスプレイモデルを購入しました。

スポンサードリンク

前々からMacが欲しかったのと、そろそろノートパソコンが欲しくなってきたというが重なったのが購入のきっかけです。
ノートPCだけなら、Winでも良かったんですけど、一台くらいMacが欲しいと思っていたので。

ちなみに、スペックは、

CPU:Intel Core i5(2.6GHz)
Mem:8GB→16GB
SSD:512GB
Keybord:JIS→US
※矢印はカスタマイズ部分

価格は税込みで約214,000円でした(Apple Store価格)。
20日に注文して、26日に届きました。
ちなみに、ケースも一緒に注文しましたが、本体よりも先に届いてちょっと困りましたねw
本体と一緒に発送じゃないんかい!って突っ込みたくなりましたw

では、以下より写真を交えて色々書きます。

mac01
待ちに待ったMac Bookです。
まずは、パッケージ表。

mac02
正面。Mac Book Proの文字が書いてあります。

mac03
裏面。

mac06
開けてみた。
iPhoneの時もそうでしたが、相変わらず本体のサイズピッタリですね。これもこだわりでしょうか。
取り出しにくいので、せめて取り出し用の隙間があったらいいのにな~とは思ったことはありますw

mac07
本体の下に隠れいていた品々。
充電用のアダプタ、電源ケーブル、スタートアップガイド等が入った箱というシンプルな構成。
ちなみに、私はギガビットEthernetアダプタも一緒に注文したので、その箱の中にアダプタも入っていました。

mac08
本体上部。お店で見たことのあるデザインです。

mac09
背面。思ったより薄いですね。

mac10
側面その1。
イヤホン端子、Thunderbolt端子2個、USB3.0端子、MagSafe2端子が付いています。

mac11
側面その2。
USB3.0、HDMI、SDXCスロットが付いています。

mac04
併せて買ったケースがこちら。
Twelve South BookBookの13インチMac book向けケースです。
これのレビューは別記事で。

mac2
ケースを装着してみた。なかなか良い感じですねっ>ω<

mac13
キーボード。US配列なので、半角/全角キーがないのと、他色々とJISキーボードとは相違点があります。

mac14
早速電源投入(カバーは一旦外しました)。
白い背景に灰色のリンゴマークが登場。

mac15
しばらくすると、言語選択画面に。

mac16
言語を選択すると、いよいよセットアップ画面へ。
ここから、色々セットアップをしていきます。

mac17
セットアップ後のデスクトップ画面です。
これでもう使用する準備は整いました♪

mac18
今現在の情報。
しっかり、2.6GHz Core i5に16GBメモリです。

とりあえず、セットアップ終了までワクワクが止まりませんでしたねw
「ついに、念願のMacを手に入れたぞー!」という気分ですw

使ってみた感じ、購入前の不安よりも満足感の方が上回りました。
画面は賛否両論あるみたいですが、私的にはとても綺麗だと思いますし、不満はありません。
最初は「右クリックがない!なんて使いづらいんだ!」って思いましたが、タッチパッドの使い方を習得するとそうでもないですね。
むしろ、ノートはこっちの方が作業しやすいのでは?と思ってしまいますね。

あと、フォントが綺麗ですね。
Mac使った後にWinに戻ると、見づらいのなんの・・・。
「こんなに見づらかったか?」って思うくらいです。いや、ほんとに。
Retinaの恩恵もあるんでしょうかねぇ。

そして、やはり戸惑ったのはソフトのインスト。
「あれ?ダブルクリックだけじゃだめなんか?」と思っちゃいましたね。
ざっくり言うと
ダブルクリック→マウントされる→アプリフォルダーにアイコンをドラッグ→インスト完了→アンマウント
という手順を踏むので、exeファイルダブクリでサクサク進むWinよりちょっとめんどいなぁとは思いましたね。
あとは、アプリの削除、ファイルの削除、アンマウント等々も全部ゴミ箱へ入れるということも戸惑いポイントですね。
サブメニューからもちゃんとアンマウント等出来るので、そこは安心ですね。

それと、ファンクションキーが効かなくて「なにっ!?」って思いましたねw
fnキーを使わなきゃいけないというのは、トラップでした。
すぐに、設定を変えて単体で効くようにしましたが。
あと、タッチパッドで一本指でタップするとクリックになるように変えました。
まさか、デフォルトが二本指タップとは思いもしませんでしたw

マウントという概念や、メニューバーが上部にあること、Finderの外見等を見ると、どことなくLinuxに似てると思いますね。
まぁ、Mac OSはUNIX系OSなんで当然と言えば当然ですが。

今のところ感じる欠点といえば、アルミボディの所為なのか長時間使用すると結構熱くなりますね。
熱伝導率が良いので、冷却は問題ないと思いますが、使用してる側としてはちょっと辛いですね(苦笑)。

とりあえず、初Macなのでわからないことだらけですが、これから色々と使い倒していこうと思います。
現状、満足しています。
迷われている方は、買って損はしないと思います。
次は、無線LANをAirMacにでもするかな・・w

ではでは。

商品リンクはこちら:

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。