NEXUS 6を買ったので開封の儀とか

どうも、サツキです。

最近、雨の日が多くなり、蒸し暑い日が続くようにもなりましたね。
この時期、湿度が高く、気温も高くなりますから熱中症や食中毒に注意ですね。
そう、熱中症はよく聞きますが食中毒は意外と見落としやすいです。
食べかけ・飲みかけの物を長時間放置したり、食品の保存の仕方を誤ると大変です。
腹を下す程度なら良いです(これも本当は良くないです)が、頭痛とか嘔吐となると深刻です。
くれぐれもご注意を。私も気をつけます。

さて、前置きも終わったところで、遅ればせながらNEXUS 6を購入したので開封の儀とかしていきたいと思います。

スポンサードリンク

まず、購入に至った経緯ですが、これは発売当初からずっと気になっていたからです。
発売してから間もなく、GooglePlayでは売り切れ、Y!mobileでの購入しか選択肢が無くなりました。
私はキャリア契約する気が無いので、GPでの購入しか選択がありませんでした。
で、何時まで経っても売り切れたままなので半ば諦めていましたが、最近在庫を見てみたら復活して普通に買えるようになっていたので購入に至ったというわけです。
GPで頼んでから2日で商品が届きました。NEXUS 5の時と同様に素早い配送でした。

では、開封の儀に移ります。

nexus6-9
パッケージです。多分裏?

nexus6-11
多分、こっちが表。6という数字がでかでかと印字されています。

nexus6-10
開けると早速本体がお出まし。5の時も確かこんな感じだった気がします。

nexus6-2
中身一式です。
急速充電ACアダプタ、USBケーブル、説明書+SIMカードスロット用のピンが入った箱、本体とシンプルです。
余計な物は一切付いてこない、シンプルイズベストです。良くも悪くも・・・ね。

nexus6-5
これが本体です。
画像じゃ分かりづらいですが、結構大きいです。5との比較は後述します。
上下にあるのがスピーカーです。これは個人的に評価できるポイントだと思います。

nexus6-3
裏面。
NEXUSとい文字がでかでかと書かれていて、上部にはMotorolaのロゴが印字されています。
5はLGでしたが、6はMotorolaです。LGよりは個人的に好感持てるかなぁ・・・w
いや、LG製も悪くは無いと思いますけどね。

画像はないですが、ボリュームボタンと電源ボタンは表向きの状態から見て右側にあります。
そう、ボリュームボタンと電源ボタンは同一ポジションにあります。
区別が付きやすいように、電源ボタンは切り込みみたいなのが入っていて、ザラザラしています。
USBは下部、イヤフォンジャックは上部にあります。

nexus6-4
電源を入れてみた。
起動時間は5と同様、ちょっと長いかなぁって感じがします。

nexus6-6
いつものセットアップ画面に到達しました。
ここから色々、設定していきます。

nexus6-7
タップ&ゴーを使えば、簡単にデータ移行が出来ます。
私は移行する必要が無かったのでここはスキップしました。

nexus6-1
セットアップが終わった後の図。
Nexusらしく、シンプルなホーム画面です。

nexus6-14 nexus6-17
アプリ一覧です。
余計なアプリも一切入っていない、Google純正アプリオンリーです。
混じりっ気の無い素のAndroidであるのも、Nexusの利点となり得ます。

nexus6-13
5との比較です。
並べてみると、大きさは一目瞭然ですね。

nexus6-12
厚さ比較。
6は裏面が湾曲しているので分かりづらいですが、5よりちょっと薄めか同等くらいだと思います。

nexus6-18
初期バージョンです。5.0Lollipopですね。

nexus6-19
アップデートがあるのでしました。

nexus6-16
マイナーアップデートもあったのでそれも。

nexus6-15
最終的なバージョンがこちら。

少し弄ってみた感じ、かなりサクサクしていて良い感じです。
サイズが大きいので、手が小さい人には片手操作がしにくいです。
ファブレットサイズなので、何となくタッチペンが欲しくなりましたw
急速充電対応アダプタなので、1時間で約80%まで充電することが出来ます。

クアッドコアCPUなので、アプリをガンガン使ってると結構熱を持ちます。
画面は有機ELディスプレイなので、綺麗ですが他でも言われているとおり、少し黄色がかった色味ですね。
これを解消するには、色温度を調整するしかないみたいですね。(参考:Nexus6のディスプレイの色温度(RGBカラー)を変更して自分好みの色味にする方法。)
あと、有機ELは画面焼き付きが起こりやすいディスプレイとも言われているので、それがちょっと心配ですね。
でも、お店にあるデモ機みたいに長時間画面を表示させることなんてごく少数でしょうし、そこはあまり心配するところでも無い気がしますが・・・。
スクリーンセーバーの導入等で対策を取るしかなさそうですね。

あと、ディスプレイの輝度が低いせいか屋外では見づらいという意見が散見されます。
最大でも見づらいという意見もあります。これは、バックライトを持たない有機ELの問題点の一つとも言えますね。
綺麗なんですけど、色々問題もあって総合的に液晶よりも劣ってしまうというのはちょっと残念ですね。
今後、技術が進歩して問題点が解消されることを願いたいです。

他にも、5にあった通知ランプが無いので、ランプで新着通知確認をしていた人にはちょっと不便です。
が、これはソフトウェアレベルで無効化されているみたいで、Root化で解決するみたいです。

他にも色々メリット・デメリットがあります。
こちらのサイトに詳しく載っていますので、こちらも参考にしてみるのも良いかもしれません。
参考:Nexus6購入レビュー・使い勝手と使い方・カスタムまとめ。

総評としては、メリット・デメリットを理解し、高スペック且つシンプルな端末が欲しいって人にはお勧めです。
素のAndroidが選べるってことは、自分好みにカスタマイズ出来るのです。
私も、これから色々とカスタマイズしてみようかなって、思います。

ではこの辺で。

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。