HeidiSQLでSQLサーバーに接続



SQLサーバーにGUIで接続するツールといばPhpMyAdminが有名だと思います。
サーバーにアップロードするだけで(環境によっては設定が必要ですが)データベース操作がWebブラウザ上で行うことが出来ます。
そのため、ホスティングサービス側でも提供されている場合があります。

ホスティングサービス側で用意されていればいいのですが、用意されていない場合はサーバーにアップロードする必要があるのでちょっと面倒です。
設置した後も、勝手にアクセスされないように.htaccessでbasic認証を施す必要があります。
さらに、環境によってはこれが動かない場合もあります。
それに、一々Webブラウザ開くのはちょっと・・・と思う人も居るかもしれません。

そんな時に便利なのが、スタンドアロンで実行できるSQLクライアントです。
いくつかあるのですが、そのうちの一つである『HeidiSQL』を紹介したいと思います。

HeidiSQLは、スタンドアロンで実行できるSQLクライアントです。
PhpMyAdminで出来ることはこのソフトでも出来ます。
接続方法は色々あって、TCP/IPで接続するモードやSSHで接続するモードなどがあります。

私がスペースをお借りしている、Rental Orbit SpaceではPhpMyAdminが上手く動作せず困っていましたが、SSH接続が出来るということでこのソフトで接続を試みたところ上手くいきました。
クエリの実行やデータベースのダンプ等も普通に行えます。
操作性もPhpMyAdminより良かったので、特別な理由が無い限りはこっちをメインに使っていこうと思っています。

ちなみに、インターフェースは英語です。
日本語化パッチないのかなぁと思って探してみましたが、どうやら無いようです。
英語のインターフェースに抵抗がない人は使ってみては如何でしょうか。

では。

【参考サイト】

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。