Chromiumベースで作られた高速ブラウザ「Iron」

さて、前回ブラウザベンチマークの記事で触れました「Iron」。
簡単に言うと、Google Chromeから余計な機能を省いて、広告ブロック機能などを盛り込んだChromiumベースのブラウザです。
使い方などは、下記サイトをご覧ください。

スポンサードリンク

GoogleChromeから余計な機能を取り払いさらに軽量・高速化したブラウザ「Iron」


上記サイトによれば、

  • インストレーションID
  • サジェスト機能
  • Chrome独自のエラーページ
  • エラーレポート
  • RLZトラッキング
  • Googleアップデーター
  • URLトラッカー
が削られ、
  • 広告ブロック
  • UserAgent切り替え機能
  • プレビュー時のサムネイル強化
が盛り込まれたブラウザとのこと。

私も早速使ってみましたが、見た目はまんまChromeでした。
拡張機能、ブックマークなどもGoogleアカウントから同期することができました。
Chromeでは、上記にあげた情報をgoogleに送信していますので、それが嫌な人にこれはお勧めできます。
ただ、ChromeではFlashやPDFのプラグインが組み込まれているので、特に意識しなくても動画サイトやブラウザ経由でPDFの閲覧が可能ですがIronには組み込まれていないので、これは別に対処する必要があります。
試しに、私のサイトのトップページをIronで開いてみたところ、



ご覧の有様に・・・orz
プラグインのインストールを求められ、インストしようとしても私の環境がWin764bitな所為か、「64bit版をサポートしてないのでインストールできません」的なこといわれてインストできませんでした。
Flashが64bit非対応なのは前々からわかっていましたが、これはちょっと困るので解決法を模索中です。

とまぁ、それを除けばchromeとほぼ変わらない性能をよからぬことを裏でされていることを気にせず使えます。
今まで、情報送信云々でChromeを使う気にならなかった人も是非試してみては?

2012/1/21追記:
FlashPlayer 11は64bitに対応しているみたいで、スタンドアロンのインストーラーで導入したところFlashが動作しました。


おまけ:
Wordpress.com Statsというプラグインを導入して、アクセス解析をしているのですが、就活が始まったんでしょうかね

ご覧のように、就活関連のキーワードが目立つようになってきました。

私が活動的だった2010年10月頃からは、大手企業の合説やセミナーに積極的に参加してましたね。
学内合説にも積極的でした。
あの頃の勢いはどこに消えてしまったのか、自分にもわかりません・・はい。
とまぁ、これから就活する13卒の人はがんばってください。かなり厳しいでしょうけど。
12卒の私も3月末までに内定とれるようにがんばります・・・。

ではでは。

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。