MATIAS mini quiet proを買った

miniquietpro1

どうも、サツキです。

え?また懲りずに買ったの?という具合に買ってしまいました。PCのキーボード。
やっぱ、電気屋行くとついつい行っちゃうんですよねぇ・・・・キーボードコーナー。
で、高級キーボードコーナーで試し打ちしちゃって、気になるキーボードを発見したりするんですよねぇ・・・。
沼はやっぱり怖い(←

今回買ったのは、MATIASというメーカーから出ている「mini quiet pro」という製品です。
これはMATIAS社が独自に開発した静音メカニカルスイッチを採用したメカニカルキーボードです。
メカニカルキーボードといえば、「カチャカチャ」と音が鳴るのが特徴で、この音が堪らなく好きな人も居るわけです。
ただ、状況によっては周囲に迷惑になる可能性もあります。

うるさいのは承知でメカニカルを使いたいけど、周囲の目が・・・という悩みに答えたのがこのキーボードです。
名前に「quiet(クワイエット)」とあるように、メカニカルスイッチでも音は静かという、メカニカルらしくないメカニカルキーボードとなっています。
ALPS互換スイッチらしいので、昔からのMAC使いにも向いているキーボードだそうです。
フルサイズキーボードのquiet proもあり、MAC用とPC用があります。

というわけで、早速ファーストインプレッションをお届けします。

スポンサードリンク

miniquietpro1
まずはパッケージから。
画像には無いですが、何故か取っ手が付いていました。
持ち運びを考慮した設計なのでしょうか・・・パッケージごと持ち歩くなんて無いと思いますが。

miniquietpro2
裏面。日本語は一切無し。

miniquietpro3
中身。
USBケーブルが長さ違いで2本とマニュアル類、本体という構成。
ケーブルはUSB→MicroUSBタイプでした。キーボード本体にはMicroUSB端子が搭載されています。

miniquietpro4
これが本体です。英字配列です。
日本じゃ不要と思われる英字キーボードですが、使ってみると案外使いやすいです。
記号の場所とかに慣れるのは時間が掛かりますが・・・。

miniquietpro5
裏面。足が付いています。引き出せば傾斜を付けることが出来ます。

miniquietpro6
そばにあったRealforceと大きさを比べてみる。
あんま変わらないですね。若干、miniquietの方が小さい感じでしょうか。

miniquietpro7
キースイッチ。
MATIAS社独自のALPS互換スイッチです。
Cherry軸に比べて音が小さいのが特徴です。

さて、色々と感想をば。

見た目ですが、光沢があるプラスチックということもあり指紋などが目立ちやすいです。
あと、埃も拾いやすく、拾った埃が目立ってしまいます。
ですが、これは拭き取れば問題ないので、大したデメリットでは無いですね。
英字配列ですが、私は普段から英字配列キーボードを使っているので、違和感を感じませんでした。
初めて使う人はちょっと注意ですね。

コンパクトキーボードですが、HHKBみたいな(良い意味で)変態仕様ではなく、オーソドックスな英字キーボード配列になっています。
Home、End、InsertやNumLock、音量調整などのメディアボタンはFnキーと組み合わせて使うタイプです。
HHKだと、カーソルキーもファンクションキーもFnキー連携でしたがこちらは連携ではありません。
Fnキーの位置はちょっとイケてないですね。カーソルキー押してるときに間違ってFnキー押してることに気づかず、「おかしいなぁ」とか思いながらFnキーを連打してたときがあります。
コンパクトさを求めた代償でしょうかね・・・まぁ、これはすぐ慣れると思います。

スタンドは必須ですね。足を出さないと使いにくいです。細かい調整は出来ません。
ただ、足を出し入れするときにキシキシと音が鳴っていたのは少し気になり、若干のマイナスポイントですね。
安物でも、音はあまり鳴らないですし。

肝心な使い心地ですが、Cherry軸に比べると音は静かです。
RealforceやHHKBの静音タイプには敵いませんが割と静かです。一般的なメンブレンキーボードと同じくらい。
打ち心地ですが、スコスコとした感じでは無いですね。メンブレンキーボードに感触が似ています。
重さはCherry軸でいえば、茶軸よりちょっと重いくらいですね。やっぱ、打ち心地はCherryや東プレには敵いませんね。

本体の重量は軽いです。HHKよりは少し重いですが、Realforceよりは軽いです。
まー、Realforceは安定性重視で鉄板入ってるから重いのは仕方ないんですけどね。持ち運びなんて考慮されてないし。

インターフェースは、USB2.0ポートがキーボードに3つあります。
3.0の方が良かったなぁ・・・という贅沢は置いといて、この辺は利便性が高いですね。まだ使ってないですけど。
あと、MicroUSBの端子がまっすぐではなく、横になっているところは評価できるポイントです。
HHKBだと、真ん中からまっすぐに生える形になるんでそれが何かと邪魔くさかったですし。。。
HHKB同様、取り外しが出来るタイプなので、鞄に入れるときに断線の心配はありません。

そしてお値段ですが、ビックカメラで13kくらいです。これを高いとみるか安いとみるか・・・・。
まー、メカニカルなんてお安い物では無いのでこれくらいしても良いのかなぁとは個人的に思います。
今は無きEz-DiGix並にコスパ良いのは中々無いですからねぇ・・・。あっても、イケてない商品だったりもします。

そんなわけで総評ですが、
・英字キーボードが好き、抵抗がない
・メカニカルスイッチが好き
・でも音は静かな方が良い
・コンパクトなキーボードが良い
・でもHHKみたいな変態キーボードは要らない
・ALPS社スイッチを使ったキーボードを使ったことがある
・高級志向(高いキーボードに抵抗感がない)
何れかの2つ以上当てはまる人にはお勧めできます。
英字キーボードというのは大前提になりますが。

この辺で〆ます。
ではでは。

商品リンク:

フルサイズ(Mac向け):

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。