ワイヤレス充電器(Qi(チー)対応) Maxell 「Air Voltage(エアボルテージ)」を買ってみた

maxcell4

どうも、サツキです。

さて、表題にある通り、ワイヤレス充電規格Qi(チー)対応の充電スタンド、「Air Voltage(エアボルテージ)」を買ってみました。
まぁ、なんだか今更感もありますけど・・・(苦笑)
というわけで、早速恒例の開封の儀からいってみます。

スポンサードリンク

maxcell3
これが本体パッケージです。
黒というか、藍色みたいな色のパッケージです。

maxcell2
上部には、ラインナップの紹介とiPhone4向けのケースの紹介があります。

maxcell1
外箱から出してみた。ピッタリハマっていたので、取り出しづらかったです。

maxcell11
内箱から出してみた図。
本体、説明書、ACアダプタの3点が入っていました。

maxcell10
これが、本体です。
写真じゃ分かりづらいですが、スタンドタイプとしてはコンパクトだと思います。

mexcell9
後ろ側。

maxcell8
横から。

mexcell7
底面。これだと分かりづらいですが、ここにアダプタのプラグを挿す場所があります。

maxcell4
置いてみた。とりあえず、縦置きから。
中々良い感じですねヾ(⌒(ノ’ω’)ノ

mexcell6
横向きに置いてみた。
しっかりと充電されています。

maxcell5
充電状態を表すランプです。
充電を開始すると緑点灯になり、完了すると消灯するそうです。
これについては、後述します。

さて、ちょっと使ってみた感想を書いてみると・・・。

まず、総合的には満足ですね。
Qi(チー)対応機種ならば、置くだけで充電されるというのは楽ですね。
Nexus5の場合、付属のケーブルだとUSB端子に挿すとき、ちょっと固い感じがしてそのうちUSB端子が壊れてしまうという心配もあります。
これなら、端子に挿す必要が無いのでその心配もありません。
Nexus以外でも、端子の故障を心配される方にはうってつけの商品です。

ただ、ランプについては、Nexus側で充電が完了していてもなぜか消灯しません。
これはレビューにもあった通りでした。
まぁ、スマフォ側で過充電防止機能は働いているのでそんなに気にする必要は無いと思いますが、これは謎ですねぇ・・・。
あと、充電完了後もそのままスタンドに放置しておくと、たまに「チリチリ」と小さな音が聞こえます。
スタンドから外すと収まるので、たぶんこれはコイル鳴きしてたんでしょうね。
まぁ、動作に差し支えは全くないので、気にはしてませんがかなり静かな空間だと「ん?」と思ってしまいますね。

他の充電器だと置く場所がシビアで、うまく置かないと充電されないという現象が起こっているようですが、これは接触範囲が広いのかそんなことはありませんでした。
ただ、モバイルバッテリーのような小型のものだと場所によって充電されないこともあるでしょうね。

充電時間については、そんなに遅いとは思いませんでした。
空っぽの状態から満充電だと、ケーブルでの充電の方が早いかもしれませんが、半分の状態からだと数時間で満充電になります。
充電時間が遅いのはワイヤレス充電では致し方の無いことだと思うので、早いほうが良い人はおとなしく急速充電対応のACアダプタとか買った方が良いですね。
私は寝る前に充電するので、そこは気にしていません。

Qi充電器はいくつかありますが、スタンドタイプは何故か少ないです。
特にNexus5には、スタンド充電器が存在しないのでこういった充電器の存在はありがたいものです。
現在では、売ってる店舗が限られているので入手するのはちょっと難しいかもしれません(恐らく店舗にある在庫限りの商品だと思います)。
同様のスタンドタイプをサンワサプライも作っていましたが、今は廃止となっていますので店舗にある在庫限りの品になっています。
まぁ、そもそもQiに対応している商品が少ないから、充電器も必然的に少なくなってしまうんでしょうけどね。

Qi対応の機種を持っていて、スタンドタイプの充電器をお探しの方にこれはお勧めできます。
ただ、前述した通り売ってるところがかなり少ないです。
私はAmazonのマーケットプレイスから購入しました。(勿論、Amazonの配送センターから発送されるところで

それではこの辺で〆ます。
では。

商品リンク:

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。