ミニブログと言う存在とSNSという存在

どうも、修羅道です。
今回はこの2つについて自分なりの考えとか書いてみようと思います。

☢CAUTION☢:長文になると思われるので、それを承知の上で読み進めてください。

今じゃTVでも特集が組まれるまでに有名となったTwitter。
これはリアルタイムミニブログサービスで、ブログとチャットを足して2で割ったような存在。
FC2にもミニブログはありますが、それとはちょっと違ったサービス。
SNSの有名どころである、mixiで言えば「mixiボイス」。
ケータイSNSの有名どころである、モバゲーで言えば「おたけび」。
こんな感じの解釈で良いと思います。

それを元に様々なクローンサービスが生まれつつありますね。
その一例が「アメーバなう」ですね。
他にも、ケータイSNS大手Gree.jpでも140文字のミニブログサービスみたいなものがあるそうですね。
140文字以内のってきたら、たぶんTwitterの影響なんじゃないかと思われますね。
まぁ、mixiの「mixiボイス」はモバゲーの「おたけび」の影響で出来たと思われますけど。
さて、前置きはここらにしといて、本題へ移りましょう。

スポンサードリンク

私が思うSNSとミニブログに存在についてです。
まぁ、ここではmixiとTwitterについて書いてみます。
私は高校の時にmixiへ登録。もちろんそのときは招待制だったので、友達から招待して貰いました。
そんで、去年の夏にTwitterへ登録しました。

mixiへ最初に登録したとき、私は何をしていいかさっぱりわかりませんでした。
なので、友達にどうしたらいいのか聞きながら、使い方を覚えました。
mixiにはコミュニティというのがあり、公開されていれば誰もが自由に入ることが出来ます。
で、自分に合いそうなコミュニティに入り、そこでメンバーたちとコミュニケーションを取ります。
そこで、気の合うメンバーがいれば、その人に「マイミク申請」して、相手が了承すればマイミクシィになることが出来ます。
そうすると、自分の日記をそのマイミクに公開することになるし、マイミクの日記も見ることが出来るようになります。
こうして、相手の日記にコメントをつけたり、ボイスで会話するといったことが出来るわけです。
mixiに限らずSNSは、こういったコミュニケーションを通じて友達を増やしていく手法が取られています。
なので、俗に言う「馴れ合い」が嫌いな人とかには合わないのかもしれませんね。

一方、Twitterは、リアルタイムミニブログサービスで、自分の今思ったことを即座に投稿できるサービスです。
私が初めて登録したときは、何かTwitter側の不具合なんだかしらないけど、設定画面が開けなかったり、ホームが開けなかったりして、まともに使えた記憶がありませんでした。
翌日、ログインしたら何とか開けるようになりましたが。
で、Twitterでもやはり、何をしたらいいかわかりませんでした。

とりあえず、「テスト投稿」という一言をポストして様子見をしながら使ってました。
んで、色々ぐぐってたら、はてなグループというサービスに「ついったー部」なるものを発見。
とりあえず、そこに入って、自分のIDを公開しました。
さらに、フォローすべきアカウントとか著名人アカウントを紹介しているサイトからいくつかのアカウントをフォローしてみました。
そう、Twitterっていうのは、一方的にフォローすることも出来るのです。
つまり、ツイートを非公開にしてない限り、誰もが自由にその人の投稿した発言を閲覧することが出来るんです。
まぁ、これは「ブログを購読する」という行為に近いですね。

んで、しばらくすると、私のアカウントをフォローしてくれてるユーザーが増えてきました。
最初は、フォローを返さなきゃいけないと思い、相手のプロフィールを見つつ、フォローを返していました。
こうすることで、お互いが相互フォローという状態になります。
つまり、mixiでいう「マイミク」になったということになります。
最初の頃は、SNSの名残があって、自分が興味を持たない人がフォローしてきたら、ブロックとかして外していたのですが、最近はスパムやアフィリエイトリンクしか投稿していないユーザー以外は、放置するようになりました。
馴れ合いが苦手な人でも使えそうな反面、自分の発言はオープンになってしまうので、発言内容とかに気をつけないと思わぬトラブルを引き起こす原因になりかねませんね。
さらに、Twitterでのつながりはmixiでのつながりより、遙かに「緩い」ということを認知しておかなければいけません。

さて、双方のことについて改めて、書いてみました。
こうしてみると、双方、一長一短です。
でも、双方は全く違うサービスであります。
この二つの存在を私は、
「mixiは閉ざされた空間であり、人との深い関わりを持つための存在」
「Twitterは解放された空間であり、様々な情報を得たり発信したりするための存在」
と思っています。

Twitterにはリプライやリツイートといったものがあり、それらを利用することで交流することが出来ます。
リプライはコメント、リツイートは記事の引用みたいなものだと私は思っています。
でも交流するなら、やはりmixiの方が良いんでしょうね。
しかし、mixiは閉ざされた空間というだけあって、用途も限られてくると思います。
その観点から見ると、Twitterには大きな可能性があると思います。
別に、Twitterを良く評価しているわけではないですけど、そんな風に思います。
mixiでは積極的になる必要がありますけど、Twitterは受けだけでも問題ありません。
私としては、Twitterというサービスと出会えて本当に良かったと思ってます。

そのうち、mixiも有効活用できるようになりたいですね。
このままでは、何も活用できずに終わってしまいそうですし。
あと、サービス的にTwitterは安定しているとは言えませんね。
私のホームを見て貰えばわかりますが、ツイート数がバグってます。
以前の数値は「16000ツイート強」だったのが、何故か「48000ツイート以上」になっています。

2010/2/10現在、バグは解消されたようです。
これは何の予兆もなしに、突然なったもので、正確な数値ではありません。

他にも、タイムライン取得遅延や頻繁に起こるサーバータイムアウトなど、不安定要素がかなりあります。
それでも、このサービスは私に合っているサービスだと思ってます。
しかし、社会に出るに当たって必要なのはやはり「コミュニケーション能力」。
それを養うにはやはり、mixiがいいんでしょうね。
積極的に人と関わり、交流をしていくことで、コミュニケーション能力を養うことが出来ると思うんです。

mixiという存在、Twitterと言う存在。
あなたはこの二つの存在をどう思いますか?
サービス内容やベクトルは違くとも、双方に対して思うことはあるはず。
こうやって見比べてみると、見えなかったものが見えてくると思うんです。
良いところや悪いところはもちろん、違った使い道とかも。
この記事、別ブログに書くか、こちらに書くかで迷ったんですが、こちらの方に書かせていただきました。
長くなりましたが、ここらで締めさせていただきます。
ではでは。

スポンサードリンク
Pocket

Comments are closed.