HWD15が届いたので開封の儀とか

hwd15-6

どうも、最近朝夕が肌寒く感じるサツキです。

なんだか、こうなってくると季節の変わり目を感じますねぇ。
もう夏も終わりなんですね。
そして、もうすぐ9月も中旬ですねぇ。早い早い。
なんだか、寂しい気もします。

さて、下らない前置きはこの辺にして・・・。

14日にWiMAXを契約し、購入したHWD15が16日に届いたので、いつものように開封の儀とかを実施します。

スポンサードリンク

NAD11と迷った末、この端末に決めました。
決め手は電池容量でした。
詳しいことは、前回の記事を参照してください。

というわけで、ここからは写真をずらずらと載せながらコメントを少々書いていきます。

hwd15-15
TryWiMAXの時と同じ段ボール箱で来ました。
上面が汚いのは、送り状を雑に引っ剥がした結果です。本来はもっと綺麗な形で来ますw

hwd15-14
箱を開けると保証書の入った白い封筒がお出まし。

hwd15-13
どけると、本体の入った箱が。こいつが本丸です。

hwd15-12
出してみた。黒い箱に、HWD15の文字がありますね。

hwd15-11
パッケージを開けてみた。本体とSIMの入ったパッケージがひょっこり顔を出しています。

hwd15-10
内蓋みたいなのを開けてみたら、こんな感じ。

hwd15-6
パッケージの中身全部。
MicroUSBケーブル、ACアダプタ(USB用)、説明書類、給電用USBアダプタ、初期SSIDとパスワードが書いてある紙が入っていました。

hwd15-5
これがSIMカード。au MicroICカードですね。

hwd15-4
中はこんな感じ。これをカードから外して、本体に挿入すれば使えるようになります。
この後、手袋がなかったので、ティッシュで挟んで取り外しました。

hwd15-9
これが本体。カラーは白にしました。
赤も格好良かったけど、無難な色であるこちらをチョイスしました。

hwd15-8
袋から出しただけ。

hwd15-7
裏面はこんな感じ。

hwd15-3
SIMを入れてみた様子。
爪が短いと、奥まで差し込むのに苦労するかも。

hwd15-2
電源を立ち上げた。ロック画面です。

hwd15-1
ロック解除後のホーム画面。
タッチパネルになっているので、このまま各種設定を行えます。

触ってみた感じ、自分が描いていた通りだったのでこれは満足です。
2日くらい、通勤中や職場での本運用をしてみましたが、電波の掴みやすさも速度も問題なし。
14よりも色々改善されていて安心もしました。
これで、タブレットを躊躇なく持ち歩くことが出来ますw

というわけで、開封の儀は以上。
見事なまでにほぼ画像だけの手抜き記事になりましたね!(←
使用感などは、もう少し使ってみてから書こうと思います。

ではでは。

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。