TryWiMAXで申し込んだ機器が届いたので開封の儀とか

trwimax9

どうも、最近様々な欲をどうやって解消していけば良いかわからなくなっているサツキです。
特に物欲とかねぇ・・・どうしたものか(←

さて、表題にあるとおり、Try WiMAXで申し込んだレンタル機器が9/2に届いたんでさくっと、開封の儀の記事を書き綴ります。
速度計測結果や使い心地などは別記事にまとめます。
では、早速開封の儀といきます。

スポンサードリンク

trwimax7
こんな感じの段ボールに入って届きます。
ちなみに、破った跡があるのは送り状を剥がしたからです。ちょっと汚くなってしまいましたねw

trwimax6
開けるとこんな感じ。チラシが一番上に来ています。

trwimax5
チラシ類をどけると、HWD14が入った青い箱が登場。

trwimax4
取り出してみた。

trwimax2
一緒に入っていたチラシと返却時の注意事項の書いてある紙。

trwimax3
そして、送り状。返却時はこれを使うので大切に保管します。
もちろん、段ボールや本体の入っていた箱も破棄せずに取っておきます。

trwimax1
開けるとこんな感じ。

trwimax9
中身一式。
本体、USBケーブル、ACアダプタ、USB→microUSB変換アダプタ、クイックスタートガイドが入っていました。

trwimax10
これがHWD14本体。まだ電源は入っていない。

trwimax11
裏面。バーコードとか貼ってあります。

trwimax12
立ち上げてみた。初期の状態だとハイスピードエリアプラスモードが有効になっていました。

trwimax14
ロックを解除したときのメイン画面。

見た目はかっこいいです。
胸ポケットに入れるにはちょっと大きいくらいですね。厚みもちょっとあります。
スマフォみたいにタッチパネル操作ができるので、直感的に操作ができます。
この本体をモバイルバッテリー代わりにも出来ますが、そういう使い方をする機会は滅多にないでしょう。

電波の入りですが、wi-fi電波の射出強度はそれなり。WiMAX電波はマンションの室内では、窓際じゃないとつかみづらいです。
速度についてはまた別の記事に書きますが、Webブラウジングやスマフォゲーム等をする程度であれば問題なさそうです。

こいつを使って職場とかで行った速度測定の結果を次回の記事に掲載します。
とりあえず、開封の儀は以上です。

次の記事へ続く……

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。