スイッチング・ハブ購入

switch4

さて、10月も後半にさしかかりましたね。
台風27号、28号が接近しましたが、関東では目立った被害はなかったみたいですね。
しかし、26号到来で大きな被害を受けてしまった伊豆大島の方はまた台風が到来して大変だったでしょうね。
行方不明者もまだいるみたいですし、その人たちが生きて見つかることを心からお祈りします。

さて、前置きが済んだところで本題に移ります。

スポンサードリンク

最近、nasne(ナスネ)(AA) を購入したことで、ネットワーク接続を必要とする機器が増えてしまい、とうとうルータの接続ポートが足りなくなってしまったのでL2スイッチ(スイッチング・ハブ)を購入しました。

現在、私の家のネットワークは

topology_before
こんな感じになっています。
この図を作成するに当たってCisco社HPで配布されているアイコンを使わせてもらいました。
青い波みたいなのは、無線の電波だと思ってください。

見ての通り、ルータにはメインPCとnasne、PS3、弟の部屋のノートPCが有線接続されています。
ルータのポート数はWAN接続(モデムと接続するポート)を除いて、4ポートしかありません。
これでは、XBOX360が有線接続できません。
360は無線接続ができるので、それで良いかと思われますが、やはりゲームのダウンロードなどを行うことを考えると有線接続の方が安定すると思うので、360も有線接続するとなるとポート数が足りないわけです。
あと、この図にはありませんがサブPCもあるのでそれを繋ぐとなるとやはり足りないんですね。

なので、L2スイッチを導入してポート数拡張を図ろうというわけです。

topology_after
こんな感じに。
こうすることでポート数拡張だけでなく、ネットワークを分離することによりルータへ流れるデータトラフィックを制御することもできます。
つまり、ルータへの負荷軽減にもなります。
ルータにもスイッチングポートがあり、データが多く流れることを前提に作られているとはいえ、多くのデータがルータに流れ続ければ負荷も増加していきますし、それが原因でルータの調子がおかしくなることもありますしね。

というわけで、L2スイッチとしてNETGEAR GS108E(AA)を買いました。

switch6
パッケージ(表)。
NETGEARといえば、主に企業向けにスイッチやルータなどのネットワーク機器を販売しているメーカーの一つですね。
この手のメーカーで大御所といえば、Cisco Systemsが有名ですね。

switch1
パッケージ(裏)。
パッケージに英語で色々書かれていますね。

switch4
中身。
説明書やユーティリティの入ったCD、ACアダプタ、本体が入っていました。
LANケーブルは別売りみたいです。
ちなみに、説明書は日本語の物と英語の物が入っていました。
接続方法の書いてある方は日本語でした。

switch3
これがスイッチ本体。
思ったよりコンパクトですが、外側は金属製で持ってみると結構ずっしりと重量感がありました。

switch2
ポート数は8つ。
ルータみたいに、WANポートというのが存在しません。
なので、ルータとの接続はどのポートでもOKです。

switch5
設置して、機器の接続を済ませて電源を入れたあとの様子。
ランプが片方しか点灯していない場合、ギガビット通信が行われていなく、両方点灯していればそれが行われている意味になるそうです。
ちなみに、XBOX360はギガビット対応ケーブルを使ってるのにもかかわらず、ギガビット通信をしてませんでした。。。

ちなみに、このスイッチはユーティリティをPCにインストールすることによってVLAN構築やQoS制御などの高度な設定ができます。
まぁ、家庭ネットワークにはほぼ必要ないものですが、私みたいにネットワーク関連の勉強をされている方には良い教材になると思います。
しかも、6千円くらいで手に入りますしね。

これで、ポート数拡張とネットワーク分離が実現したわけです。
使ってみた感じは、まぁ、劇的に速度が変化するとかそういうのはありません。
あくまでもこれはスイッチであって、スイッチはネットワーク速度を向上させてくれる代物ではありません。
ですが、これでルータに大きな負荷はかからないだろうし、万が一ルータがおかしくなってもLAN内での通信には影響は出ません(たとえば私の場合、nasneで録画した番組をPCで観る時とか)。

VLANが使えるということなので、機会があれば構築してみようかなぁとは思います。
いつになるかはわかりませんが。

L2スイッチを導入したことだし、近いうちにルータも新調したいですね。
今のルータは結構前のモデルなので。
それか、バッファローNECではなく、YAMAHAのルータでも導入して今使ってるルータを無線アクセスポイント化してしまうのもいいかなとか思ったり。

ちなみに、YAMAHAといえば音楽やバイクが思い浮かびますが、それらと同じYAMAHAがネットワーク機器も販売しています。
このメーカーも主に企業向けに製品を販売しています。
なので、このメーカーのネットワーク機器も結構信頼性が高いみたいです。
ただ、設定のしやすさで言うとバッファローのルータほど簡単ではないでしょうね。
でも、一度は使ってみたいですw高いですけど。。。

ではでは。

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。