ガチでぇ、雨は嫌いウィッシュ

もう、マジでぇガチでぇ、そんな気分ッスね(DAIGO風に)。
ん、ああ、天気予報見て絶望したんですorz
なんでよりによって20日が雨なんだよ・・。
雨嫌いな私にとっては苦痛ですね。
まぁ、雨が嫌いなのは私以外にも五万といるんでしょうけど。

んで、曇り気味な今日、友達に誘われて卒業した高校に行って来ました。
お目当ては部活動の方。
私の代(私含めて)がほぼやる気ナッシングだったおかげで、文化祭はろくな出し物が出来なかった苦い思い出があります(^^;
しかし、普段はみんなで楽しくはっちゃけることも出来たし、楽しくやっていけた思いでもたくさんあります。

スポンサードリンク

ちなみに部活は電算機部という部活です。
活動内容は・・・去年の部長ですら把握できてなかったらしいです。
どうやら、ゲームを作る部活らしい。
当初は風の噂&友達に便乗して入ったので活動内容に関しては全く把握してませんでした。
そのときに、部長ですら把握できてないこと知ったときは、「ぇえ~っ!?(マス(ry)」ってなりましたね(^^;

今思えば、高校在学中に何か大きなことをしていれば良かったなぁ・・。
たとえば、ゲームプログラミングをして、プログラミングコンテストに出展するとか。
まぁ、私の代はプログラミングできる人が少なかったんで、仕方がないっちゃ仕方がないんですが・・・。
でも、今、後継の3年生のがんばりを見るとなんだかそう思えてきます。
そう思いながらも、私はCの勉強をしています(今は独学)。
あぁ、早く学校の授業でプログラミングやりてぇw

そんでもって、Mac OSエミュレーターなるものにも手を出してみました。
エミュレーター名:PearPC
対応Mac:OS X以降
このエミュレーターはMac OS X以降のみサポートし、OS 9.xから古い世代のOSはサポートしません。
とりあえず、私はMac OS X Tiger(タイガー)をインスコしてみました。
ここに私が行った手順を記載します。

1.まずOS X Tigerのディスクをisoイメージで吸出し。私はCDrecordを使いました。
2.PearPCをゲットしてくる。そして、適当な場所へ解凍。
3.APEをゲットしてくる。
4.APEを用いて、空のハードディスクイメージを作成。(作成場所はPearPCと同じ場所でおk)
5.ここのサイトを参考にppccfg.exampleの中身をTeraPad等のテキストエディタで書き換える。
6.コマンドプロンプトを立ち上げ、ppc.exeを起動。
7.Mac OS X Tigerのisoからインストーラーが立ち上がるはずなので、上のメニューバーのユーティリティ→ディスクユーティリティを起動。
8.左のメニューからハードディスクを選択。1パーティションで、HFS(拡張,ジャーナル)でパーティション作成。
9.作成したパーティションにOS X Tigerをインスコ。

ここまでがインスコ作業。
PearPCは再起動に対応してないので、インスコが終わったらウィンドウが閉じます。
インスコ終わった後の作業

10.5のサイトを参考にpcccfg.exampleの内容を書き換える。
11.ppc.exeをコマンドプロンプトから起動。
12.今度はハードディスクイメージが読み込まれるので、ようこそ画面が出る。
13.初期設定が済んだらセットアップ完了。お疲れ~。
と、こんな感じでサクッとセットアップしました。

以下、適当にSS載せます。
OSX  OSX
左は開始画面。右はインスコ中画面。

OSX  OSX
起動画面。右はバージョン情報。なんかMacのロゴが出ませんね。

あと、右上がなんか黒くなってますね。
エミュレーターなんで、動作はちょいと重め。
ちなみに、CPUモードはG4、メモリは256MB、ディスクイメージ容量は6GBで構成。
う~ん・・・やっぱり実機で使ってみたいところ。
こうなりゃぁ、x86版を手に入れるしかないか?
でも、ちょっと危険領域に踏み込まないといけないのであれですが。
危険領域に踏み込むくらいなら、素直にIntelMac買った方がいいんですがな。
まぁでも、IntelMac買うくらいなら、PowerPC版Mac買いますがな。

そんでもって、今日は地霊殿&Win版旧作発売日ですね。
WCでは深夜販売も行われましたね。
まぁ、私は例によって通販なので、たぶん明日くらいには届くんじゃないかと思います。
んじゃま、今日はこの辺で。

スポンサードリンク
Pocket

Comments are closed.