東プレ Realforce 104UG-HiPro(YK2100)を購入した

reaforce1

どうも、サツキです。

え?またキーボード買ったの?
と思われる方も居ますが、まさにその通りですw

そうなんです、HHKB Type-S購入したばっかりなんですが、性懲りも無くこちらも購入しました。
高級キーボード・・・なんだか惹かれちゃうんですよ。
あれですよ、HHKBはコンパクトなフォルムで外でも家でも使えて万能だと個人的には思ってるんですけど、店舗で試し打ちしたら欲が湧いてきちゃったんですよ。
その欲を満たすために、こんな高いキーボードを買ってしまったんですよ・・・orz
あとは、家で据え置き用にフルサイズが欲しいと思ってましたし。

え?EZ-Digixがあるじゃないかって?
んーまぁ、そうなんですけど当時は「メカニカルから静電容量無接点へチェンジする」という目的もあったんで、それだと本末転倒になってしまうんでね。
テンキーレスと迷いましたが、結局フルサイズに戻ってきてしまいました。

というわけで、早速開封の儀をします。

スポンサードリンク

realforce8
これが、パッケージです。
何の飾りもない、シンプルなパッケージになっています。

realforce7
開けるとすぐにキーボードがお出まし。

realforce6
袋から出してみた。
ついに、我が家にもこいつが来てしまいました。

reaforce1
HHKBと並べてみた。
HHKBがコンパクトな所為か、フルサイズキーボードのリアフォが圧倒的な存在感を醸し出していますw

realforce3
PCに繋いでみた(分かりづらい)。

realforce2
LEDはブルー。
こういう、暗い色とブルーLEDの組み合わせは格好良くて良いですね。

いやぁ、こういう高級な品を手にするときは興奮しますねw
ついに来たか!っていう感じがしますw
ちなみに、これは商品名にもあるとおり「ハイプロキートップ」仕様になっています。
コンセプトとしては、「電子タイプライターをイメージしたプロフェッショナル仕様」ということらしいです。
なので、昔のキーボードとかを使っていた人には懐かしく感じる仕様のキーボードとなっています。
そのコンセプトなので、キートップが普通のリアフォやHHKBより若干高くなっています。

realforce4
これがHHKB。

realforce5
これが、リアフォのキートップ。
HHKBと比べると、少し高くなっているのが分かります。
これが、電子タイプライターのような打ち心地を実現しているそうです。

この時点でこのキーボードは少しクセのあるものですが他にも、
・全体的にキートップがくぼんでいる
・「J」「F」に突起が無く、他より少し深くくぼんでいるだけ
・キー同士の高低差が無い
等の特徴があります。

なので、このキーボードは万人向けでは無いです。
ですが、モノはとても素晴らしいですので、慣れてしまえばこのキーボード以外は使えなくなるでしょう。
まぁ、キーボードは道具なので、馴染んだ頃にこそ真価を発揮します。

キートップが高いので、指の腹では無く指先で且つ、滑らせるように打つのではく、上から叩くように打ち込む形になります。
どのキーボードでも、その打ち方をしている人は大丈夫だと思いますが、そうで無い人は中々慣れないでしょう。
データ入力作業が多い人とか、ハードパンチャーな人にはうってつけの商品だと思います。

あと、メカニカルほどでは無いですが、打ち込んでいるときに結構音がします。
静かな空間で使うにはちょっとうるさく感じると思います。
メカニカルキーが好みだった人なら、きっと好きになれる音だと思いますw
擬音で表すなら、「スコスコ」「カタカタ」といったところでしょうか。
私は元々、メカニカルユーザーだったので、この音は打ち込んでいる感じがして好きですw

そして、このキーボードにはかな印字がないです。
まぁ、私が買ったのは英字配列版なので当然なんですが・・・。
日本語配列版にもかな印字はないので、無きゃダメだ!って人は選択肢には入らないでしょう。
私はかな印字は逆にない方がいいのと、変換キー、無変換キーというあまり使わないキーの存在が鬱陶しかったので英字配列を選びました。

本体の重量はずっしりと重たいです。
据え置きで使うなら、キーボード本体が動きにくいので打ち込みやすいと思います。

総評としては、品自体はとても素晴らしく、使い慣れれば最強のツールになること請け合いです。
しかしながら、クセのあるキーボードなので万人に勧められる物ではないことは確か。
値段も結構するので、購入を検討されている方は店で試し打ちをして見てから決めることをお勧めします。
試し打ちする時は、ちょっと触るのでは無く、少し長い時間打ってみてください。
試し打ちをせず、IYHしてしまうのは後悔するリスクもありますしねー。
ちなみに、私は買うまでに店舗で見かけるたび何度も試し打ちをして悩み抜きましたw

少し不満を言うなら、HHKBユーザー視点で言えば「Aキー」の隣にCTRLがある方が良いかなとは思います。
あと、テンキーを打ったときの打鍵音が少し安っぽい感じがしたのも残念です。
高級キーボードを謳うなら、そこもこだわって欲しかったですね。

これでもう、しばらくはキーボードを購入することはないでしょう。
HHKBとリアフォという(私にとって)最強の存在が揃ったのだからw
今後は、
家で据え置きとして使う→リアフォ
外でも家でも使う→HHKB
という使い分け方になりそうです。

それでは、この辺で〆ます。
ではでは。

商品リンクはこちら:


日本語配列版はこちら:

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。