TryUQmobileを利用してみる【申し込み編】



どーも、サツキです。

さて、最近MVNOへの乗り換えを検討しています。
というのも、やはりキャリアの月額料金は高いです。
ドコモの場合、端末の分割払いが終わって、データ通信を最低プランにした場合でもカケホーダイプランをライトにすることは出来ず、約7,600円程の出費になってしまいます。
ドコモはカケホーダイプランライトにするとデータ通信量は最低でも5Gプランを契約しないといけません。
つまり、最安プランでの契約をさせないようにしているのです。全く以て汚いですね・・・利益を得るためには仕方の無いことなんでしょうがちょっと腹が立ちますね。

分割払いがあると、1万円を超えてくるのでさらに高く付きます。
しかし、大手キャリアが培ってきた顧客への信頼性というのはMVNOとは比にならないくらい厚いので、信頼性・サービス品質という面から大手キャリアを脱却できない人も少なからずいるはず。
かくい私も、MVNOは何度も検討してきましたが未だにドコモ純正回線は手放せないですね。

ですが、最近ではMVNO各社もサービス品質を向上させています。
たとえば、留守番電話サービスは一部を除いて多くのMVNOでは利用できませんが、最近では利用できるところは増えてきているように思えます。
キャリアメールに関しても、今回触れるUQmobileなんかは独自のメールアドレスを提供していて、立ち位置はキャリアメールと同等であると謳っています。
つまり、大手キャリアの迷惑メールフィルタに引っかかりにくいのです。他社のメールは独自メールがあってもeメール扱いなのでフィルタで弾かれる確率が高いのです。

このように各社付加機能の充実や料金プランの充実、アフターサービスの充実等を行っていて、初期の頃と比べて大分品質は上がってきていると見受けられます。
なので、私もそろそろ・・・と考えました。
その一つとして、UQmobileを検討しています。

スポンサードリンク

UQさんには、WiMAXでもお世話になっていますが、セルラーサービスでもお世話になろうと思いますw
それと、MVNOでは広く扱われているドコモ回線ではなくAU回線を使っているところにも着目しました。

今はMNO回線としてドコモを使っていますし、MVNOがドコモ回線だらけでなんかつまらないと思ったのが着目した理由ですw
理由は調べると明白なんですが、AU回線扱っているMVNOなんて、こことmineo、IIJmioくらいですし。
まぁ、UQの場合はもはやAUのサブブランド的な立ち位置ですけど(UQコミュニケーションズはKDDI系列の会社)。

そんなわけで、UQにはお試しサービスがあるんだろう・・・と思っていたらやっぱりありました。TryUQmobile
UQの良いところは、本契約の前に試せるところですね。WiMAX契約時にもTryWiMAXを利用しました。
セルラーサービスにまでお試しを求める必要性はあるのかという疑問がありますが、MVNOの品質に疑問を抱く人も多い(私もその一人)でしょうから、こういったお試しサービスは需要があると思います。
さらに、UQで取り扱っているスマフォも試せるんで、気になるスマフォがUQにあればUQmobile回線もスマフォも試せて一石二鳥です。
と、言うわけで今回もこのサービスを利用します。


まずはTryUQmobileのページへアクセスします。


下までスクロールすると貸出機器・SIM一覧があるので、そこで機器やSIMを確認します。
現在、ラインナップにあるのは画像の通りです。

「貸出製品・SIMの在庫状況はこちら」から在庫状況をチェックできます。
11/5現在、DIGNO Wは在庫切れで借りられないみたいですね。
・・・というか、画像にないけど借りられるのかという疑問はありますが、借りられないんでしょうね(適当)。
一応、選択肢にはありますが・・・。

他にも、一番下の方に注意事項と申し込みボタンの下に「申し込みの流れ詳細を確認する」ボタンもあるので内容を確認しておいてください。
私みたいに以前、TryWiMAXを申し込んだ経験がある人は同じ流れなので戸惑うことは無いと思います。
ですが、思い込みは良くないので面倒でも内容は確認してください。

確認を済ませて機器やSIMを決めたら、申し込みページへ進みます。
仮登録→本登録という手順を踏みます。仮登録・・・とはいえ、単純にメールアドレスと開通コード送付先を登録するだけです。


PCのeメールアドレスと送付先をSMSかキャリアメールの2つから選び、電話番号又はキャリアメールを入力します。
大抵のキャリアはSMS受信料が安い又は無料の場合が多いかと思うので、抵抗がなければ電話番号が楽です。


仮登録が完了すると受付番号と本登録用のURL、開通コードが発行されます。
本登録URLはeメール、開通コードはSMS又はキャリアメールへ送付されます。


本登録URLへアクセスすると開通コードが求められるので、送付されたコードを入力します。


そうすると必要事項を記入するフォームに行くので、必須項目になっているところを埋めていきます(全部必須になっている気がしますが・・・)。
UQmobile利用開始希望日ってのがありましたが、勝手に契約されたら困るんでここは敢えて「利用する予定は無い」と答えておきました。
いや、利用を検討してて契約する予定あるんですがまぁ、すぐではないんでw


申し込んだら、確認メールが届くはずなのであとは発送されるのを待つだけです。
14時30分までに申し込んだら当日発送です。過ぎちゃったら翌日発送です。
メールには翌々日までに完了するとありますが、これは配送遅延も想定してのことでしょうね。

ちなみに、私はP10 liteを申し込みました。
Huawai製品は触ったことなかったのと、Kirinの実力を見たかったので。
Kirinってのは、Huawaiの子会社であるHiSiliconが作ったSoCのことで、Snapdragonのライバル製品ですね。
とは言っても、現状ではHuawai製品にしか搭載されてないんですけど・・・。
Huawai製のスマフォが安くて高性能なのはSoCを外注せず自社で製造できるというところにもありますね。
ただ、Kirinは今のところフラグシップ機と呼ばれる所謂、ハイエンドモデルにしか搭載されていません。

Kirinはゲーム用途に向かないSoCだということは言われています。
理由は調べるとわかるんですが、要はSnapdragonに最適化されたゲームが多く、Kirinに最適化されたゲームが少ないんですね。
よく挙がるのは、デレステでキャラグラにシャギーが入るという点ですね。これの所為で折角のキャラグラが台無しになってしまう模様。
でも、最近では開発元がKirinにも最適化をしたようで、シャギー問題は解決されているみたいです。

まぁ、こんな問題が全部のゲームで起こらないわけでもないし、最適化されてる保証もないので、不具合を踏みたくなければSnapdragon機を選ぶのが得策のようです。
ゲーム以外でしたら特に大差ないので、どっちを選んでも問題なしです。

話を戻します。

レンタル機器が発送されると発送メールが届きます。


私は11/5の深夜1時くらいに申し込んだので、当日の昼に発送されたみたいです。

お気づきかと思いますが、返却日が11/19に設定されていて一見すると15日よりも少なく感じます。
TryWiMAX経験済みであったり、一度利用したことがある人はご存じと思いますが、TryUQmobileの利用期間は機器が発送された日も含まれています。
なので、これは発送日も含めると15日間となっているので利用期間は間違っていません。
公式の案内には15日間とありますが実際試せる期間は、返送手続きにかかる日数も加味して10日間程度と考えてください。
機器機の返却にも注意が必要で、返却期限までにUQにレンタル機器が必着していないとダメです。
つまりこの場合だと、19日に返送したんじゃ遅すぎると言うことですね。最低でも1日前、余裕を持つなら2日前に返送することになります。
初めての人はこの辺をよく理解しておかないと、後で痛い目を見ることになるので注意してください。
ちなみに、返却期限が近づくとUQからリマインダーのメールが届くので、期間中はUQからのメールは見逃さないようにしてください。

機器が発送されたんで、翌日に届けばその日から私のTryUQmobileがスタートします。
期間中は、借りた機器をWi-Fiには接続しないで運用してみようと思います。
そうじゃないと、UQmobileの契約是非を決められないし、このサービス利用している意味ないです。
通話に関しては・・・どうしましょ(←
自分のケータイからかけて、セルフチェックするか・・。短期間しか運用しない番号を他人に教えるのもどうかと思うので。
機器が届いたらまた記事を書きます。

ではこの辺で。

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。