TryUQmobileを利用してみる【返送の儀】



どうも、サツキです。
寒さが一層厳しくなってくる季節となりました。
毎年のことですが、この時期は風邪やインフルエンザになりやすい季節です。
手洗い・うがいはもちろん、マスク着用や防寒対策などをして、体調を崩さないようにしましょう。

さて、前置きも済んだところで本題です。

スポンサードリンク

先日、TryUQmobileの借用機を返却致しました。
もうこれ以上試す事は無いし、機器の実力やUQmobileの回線品質もわかったので早期返却を決めました。

返却方法ですが、説明書きが記載されているカードに書いてある通りに行えばOKです。



と、その前に端末の初期化を忘れないでくださいね。



スマフォを使い慣れている人は問題ないでしょうが、疎い人はこの説明書きを見て初期化を行いましょう。
それでもわかんない人は、周りの人に協力を要請してくださいw
もちろん、端末内のデータは消えますので取っておきたいデータがある場合は初期化前に移動しておいてください。

初期化が済んだら、端末からSIMカードを抜いてSIMカードが入っていたケースに入れます。
挿しっぱなしでも問題ないのかはわかりませんが、勘違いされても困るんでケースに戻した方が良いでしょう。
で、借用物が全て揃っているかを確認します。


本体、ケーブル、ACアダプタ、SIMカード、クイックスタートガイドと説明書きのカードがあるか確認します。
あ、リムーバー(SIMスロットに挿す金具)もあるか確認してください。これも借用物なので無くすとアウトです(恐らく)。
確認できたら箱の中に収納します。


こんな感じに。特段、迷うところは無いと思います。


収納したら蓋をし、カードを上にのっけてピンクの袋へ入れます。


入れたら、伝票に必要事項を記入して画像のように上面にある袋状になっているところへ伝票を差し込みます。
ここまでしたら、後は郵便局へ持ち込むか集荷依頼をして、取りに来て貰います。

私は幸いにも、職場の近くに郵便局の支店がありましたので昼休み中に手続きを済ませました。
前回、TryWiMAXを利用したときも近くに郵便局の支店があり、発送は手早く済ますことが出来ました。恵まれてるなぁ・・と思いますw
窓口に持って行くときは、「着払いで」と言って荷物を差し出すと受付の人が手続きをやってくれます。
配達希望日は「特になし」と言えば、最短日での配達を手配してくれます。

発送が終わったら、後はUQから手続き完了メールが届くのを待ちましょう。
TryUQmobileは発送が終わった時点では終了していません。UQにレンタル機器が届いて手続きが完了するまでがTryUQmobileです
関東圏内からの発送であれば、最短で翌日届くはずなので、メールは発送日から翌々日くらいには届くと思います(状況によって前後するかもしれません)。
ちなみに、私は16日に発送し、18日にメールが届きました。
メールを確認したらTryUQmobileは終了です。あとは、本契約するなり他と比較するなりしましょう。

さて、4回にわたってTryUQmobileの事について書いてみました。
流れを見るとわかりますが、TryUQmobileの手続きはかなり簡単にできます。
途中でかかってくる電話もただのアンケートで、5分程度で済みます。

返却期日を守ることを意識すれば、手軽に試せる良いサービスだと思います。
私の知る限り、このようなサービスは他社ではあまり見かけません。

国民の財布のひもが堅くなっている昨今、MVNOというのは通信費の節約になるということで選ぶ人が増えています。
もし、UQmobileが気になる、というのであれば利用の価値はあります。
私はまず、端末の調達をしてからSIMのみの契約をしようと思っています(結局、P10 liteに魅力を感じなかった。。。)。

ではでは。

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。