Try WiMAXで1週間試用してみての感想とか

どうも、色々衝動買いしてる気がするサツキです。

Zaimで家計簿をつけているんですが、最近色々なものを衝動買いしてる気がします。
私の場合は、何か買うものがあって出かける→気づいたら関係のないものまで買ってるというパターンが多いですね。
まぁ、多くの人にありがちなパターンですが、よく考えると怖いですねこれ。
気づかないうちに無駄遣いしてるわけですからねぇ・・・ええ。気をつけないと・・・。

さて、Try WiMAX制度を利用して1週間が経ったわけですが、現時点での感想とかを書いてみます。

スポンサードリンク

まず、WiMAXサービスについて。
私が利用するエリアは、都内が中心で私が住んでいるのも関東エリアということですのでWiMAX、WiMAX2+共にカバー率は問題なし。
というか、私がWiMAXを利用するところのほとんどではWiMAX2+による高速回線が利用可能でした。
それは、前回載せた計測結果から見てもそう言えます。

室外での利用は電波の通りが良くて快適ですが、室内になるとやはりいまいちですね。
これは事前に調べてわかっていることでしたので、想定内でした。
場所によって電波の入りが偏るのも、窓際なら結構電波が入りやすいのも同様に。
しかし、ほとんどの場所では、WiMAX2+が入らなくてもWiMAXなら入るということが多かったです。

速度もWiMAX利用時に下り3~6Mbps程度なら出るので、Webブラウジングやスマフォゲーム、動画鑑賞なら問題ないレベルだと思われます。
WiMAX2+が入るなら、もっと速度が出るのでそれに比例して快適レベルになると思います。
私のようにリモートデスクトップで艦これ等をやる場合は、速度より安定性が重要ですね。
WiMAXが不安定で速度が出る場所より、速度がそんなに出なくても安定している場所だと快適に利用できます。
まぁ、当然のように思えますが、速度ばっかり気にしてると見落としてしまいそうなポイントです。

次に借りた機器(HWD14)について。
大きさは手のひらサイズなので問題なし。
タッチパネル式なので、端から見るとスマフォを弄っているようにも見えますw
操作も直感的に出来るので、悪くはないと思います。

大きさは問題ないですが、結構厚みがあるので胸ポケットのスペースを取ってしまいます。
あと、結構発熱するので胸ポケットに入れるのは非推奨です。
鞄の中に入れた状態でも、問題なくスマフォがWi-Fiを掴んでくれます。
ただ、やはりある程度離れると掴んでくれなくなります。
鞄に入れたタブレットをロッカーに入れて、5メートル以上離れるとタブレットとの接続は切れます。
まぁ、これは当然といえば当然ですが・・・。

そして、この制度について。
一週間たった、9/6に見慣れないフリーコールから不在着信がありました。
留守電を聞いてみると、UQコミュニケーションズの人から今回の制度について伺いたいことが~というメッセージがありました。
「ああ、これが調べにあった電話アンケートか」と思いましたが、気づいたのが夜10時で夜9時までなら連絡大丈夫ということでしたが、時既に遅しで折り返し連絡は出来ませんでした。
まぁ、平日のどっかでまた来るかもしれないし、それまで放置で様子見することにしました。
これに答えないとなんかあるなら困るな・・・ないよね?(←

通信速度や電波の掴みやすさは、後継機では改善されているでしょうから、実際はもっと速度も出るし、繋がりやすいと思います。
あと、今は現行機のNAD11もレンタルできるので、実際に契約を検討している方はNAD11をレンタルした方が良いと思います。
ただ、現時点では在庫が×になっているので、当面は借りるのが難しいでしょうね。在庫状況→Try WiMAX レンタル 貸出機器の在庫状況

とりあえず、TryWiMAXを利用してみての感想などを書いてみました。
今後はあと2日くらい利用したらTryWiMAXは終了にして、契約を前提にどちらの機種にするかを考えたいと思っています。
家で眠っていたTegra Note 7が活用できるかもしれませんしねw
こいつは、LTE等のキャリア網が利用できないのも欠点の一つなので・・・。

ではでは。

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。