TryWiMAX機器返却の儀

trwimax15

どうも、暇な時間は艦こればっかりやってるサツキ提督です。
とはいえ、最近は資源が乏しくなってきたので、遠征しか回してませんが。。。

さて、TryWiMAXを利用し始めて1週間経ったわけですが、とりあえず出来るだけの検証は一通り済んだので機器を返却することにしました。
ちなみに期限が近づくと、

wimax7
こんな周知メールが届きます。

期限を1日でも過ぎるとアウトなので、間に合わせるように機器を発送しなくてはなりません。
返却期限は、UQから機器が発送された日時UQに機器が到着している日時を含んでいます。
なので、最低でも期限2日前くらいには発送しないとアウトになります。
借りたら、忘れないようにメールを印刷するかスケジュール帳かなんかに期限を書いておく等しておきましょう。

スポンサードリンク

返却方法ですが、
  • 付属品等の同梱物が揃ってるか確認し本体と共に元の箱へ戻す
  • 段ボール等に梱包する(届いたときの段ボールを取っておくと楽)
  • 同梱されてた伝票に必要事項を記入する
  • 郵便局又はコンビニで発送する若しくは、集荷依頼をする
という手順を踏みます。

付属品が一つでも欠けているとアウトです。
箱も捨てたらアウトです。恐らく。それも借用物のうちに入ります。
段ボールは自分で用意しても良いですが、手間を考えると届いたときの段ボールを取っておいた方が楽です。
郵便局で発送というのは、同梱されている伝票がゆうパックの着払い伝票だからです。
コンビニだと、ローソンやミニストップ、セイコーマートで発送できます。ファミマやセブンでは出来ないので注意。

集荷依頼は、電話かWebで申し込むことが出来ます。
集荷時間に家に居ることが前提となりますが、窓口やコンビニに寄ってる暇が無い人、近くに発送できる郵便局やコンビニがない人等はこれを利用すると良いと思います。
Webだと24時間申し込めます。
郵便局の集荷依頼ページ→ ゆうパック EMS 集荷のお申し込み

私の場合は、職場の近くに郵便局があったので、昼休み中にさっと手続きを済ませました。
窓口に荷物と伝票を差し出し、控えをもらって終了でした。
着払い伝票だったので、送料の支払いも発生しません。
これで、私の手元にWiMAXは無くなりました。

そして、手続きが完了すると

wimax8
こんなメールが届きます。発送元の地域にもよりますが、関東圏内の場合だと翌日か翌々日あたりに来ると思います。
私の場合は、翌日に届きました。(11日に発送したので)。
これで、TryWiMAX終了ということになります。
おうちに帰るまでが遠足のように、UQに借用機器が届くまでがTryWiMAXです。

私はこのお試し期間で、問題ないと確信したので契約することは決まりました。
ただ、問題はルーター選びです。

現時点では、HWD15とNAD11があります。
HWD15の購入がかなり有力ですが、速度を考えるとNAD11も魅力的なんですよねぇ・・・。
しかし、電池持ちではHWDに軍配があるのでそこで迷います。
PCメインでしたら、常にUSBで繋げば良いので電池持ちが悪いと言われるNAD11でも良いんですけど、タブレットやスマフォがメインとなるとやはりPCみたいにはいかないんですよねぇ・・・。
それを考えると、やはりスマフォの充電も出来るHWD15が最有力になります。
LTEも使えるので、使えるエリアが広がります。まぁ、使わないでしょうけどね。1000円かかるし。

ま、何にせよ、この二つをよく調べてその上で購入の是非を決めていこうと思います。
出来れば、連休中には契約を完了しておきたいですねぇ。

ではでは。

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。