グラボ昇格 + 電源も昇格

昨日、やっとこさグラボを昇格させることができました。
買ったのは今現在、安価で買えるミドルエンドグラボである、GeForce GTX460。
Radeon 5850でも良かったのですが、今回もGeForceを選択。

スポンサードリンク

syura
↑玄人志向のGTX460
オーバークロックモデルで、23,000円弱で購入しました。
ASUSのやつで、24,000円くらいのやつもあったのですが、こちらを選択。

syura
↑メモリクロックがOCされています。
で、今日は電源の方が心配になってきたので、電源ユニットを購入。
今までは500Wでしたが、今回は700Wの電源ユニットを購入しました。

syura
↑HEC社製の700W電源ユニット
80+BRONZEの電源ユニットです。
本当は80+GOLDの電源ユニットが欲しかったのですが、生憎手持ちのお金に余裕がなかったんで、こちらを選択。
7,500円前後で購入しました。

syura
↑中身
布袋の中にユニットが入っています。
今まで使っていた、幸村の500W電源ユニットよりも、少し小さい感じがしました。

でまぁ、この2セットと今までのパーツを換装して一番最初の感想は・・。

音が静かになった!

特にグラボに関しては、88GTはウォームアップ音が「ウイイイイン」って感じで五月蝿かったのが、GTX460にしてからは嘘のように静かになりました。
一瞬、ちゃんと起動してるのかどうか心配になってしまったくらいにw
電源ユニットの騒音も、前使っていたのに比べてかなり静かになりました。
排熱も良くなりました。

これで昇格すべきところは、CPUとマザボのみとなりました。
マザボに関しては、DDR3メモリが安くなったら買うとして、今昇格すべきところはCPUですね。
PhenomII x6が21,000円くらいで買えるので、お金ができたら買おうかなとか思ってます。
たぶん、BIOSアップデートで対応できると思うので、マザボは交換しなくても大丈夫だと思います。
AMD系の良いところは、CPUの規格に未だにソケット形式を採用しているので、BIOSアップデートをすれば最新のCPUにも対応できることがあるということですね。
つまり、例えばSocketAM2/AM2+にしか対応していなくても、BIOSアップデートで最新の規格であるSocketAM3にも対応できるということですね。
SocketAM3は、PhenomとAthlon x4で採用されている形式です。

Intelは、LGAを採用しているので、これはマザボを交換しないと最新のCPUに対応出来ません。
だから、Intel系はAMD系に比べてCPUファンの取付が面倒なわけで・・orz
まぁ、そのうちIntel機でも組んでみたいとは思っていますけどね。
組むとしたら、CPUはCorei7でしょうね。グラボはその時々によりますが。
それではこのへんで。

スポンサードリンク
Pocket

Comments are closed.