OS X El Capitanが配信されていたのでアップグレードした

osxelcaptain

どうも、サツキです。
10月1日よりOS X El Capitanが配信になったので早速私もアップデートしてみました。
新しいOS Xが出ることは知っていましたが、配信日まではチェックしてませんでした。
今回はたまたまそのことを思い出したので、リリース日にアップデートすることが出来ました。

スポンサードリンク

osxelcaptain
El CaptainはApp Storeから無料でダウンロードできます。
Macの良いところは、対応している限りOSのアップグレードが無料ってところですね。
初期費用はMac本体の値段だけで、維持費は掛からない訳ですからねぇ。

あ、El Capitanは6GBもあるので、モバイル回線でのDLは控えましょう。
固定回線でやらないと、恐らく通信容量の上限にすぐ達してしまうでしょう・・・あと速度もそっちの方が速いし。

osxupdate
アップグレード中。
Yosemiteの時とは違い、iPhoneのアップデート中の画面みたいになってますね。
ボケてて見づらいですが、あと25分って書いてあります。

capitann
数十分でアップグレードは終了。
確認してみると、しっかりとアップグレードされていました。

アップグレード直後ではそんなに目立った違いとかは感じられませんね。
強いて言うなら、ロード中のアイコンがフラットな感じに変わったかなぁ・・・ってくらいでしょうか。
El Capitanでは、色々と機能が強化されているみたいなので、使い心地とかどうなのか試してみようと思います。
(参考:もうアップデートした?「El Capitan」でのみできる11のこと)

マカーな人で、2012年以降発売のMacをお持ちの方はアップデートしてみては如何でしょうか。
何故、2012年以降と限定したのかはこちらを参照。
要は、El Capitanの機能をフルに使うためのハード的な面でそれ以前のモデルは不利だよってことです。
そんなの気にしないって人は、対応モデルであればアップデートしてみるのも良いかもですね。

そいではこの辺で。

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。