office2016 for Macを使ってみた

どうも、サツキです。

ブログの更新がしばらく無かった反動か、色々記事を放出していますw
平日は帰りが遅いし、くたくたなんで更新する気力が無い所為なんですけどねっorz

さて、私はofficeを使うのにoffice365のサブスクリプションを契約しています。
2013のパッケージは持っていましたが、WindowsだけでMacで使えないのは不便だったので。
以前は2011を使っていましたが、いつの間にか2016が365サブスクリプションユーザー向けに先行公開になっていたので、インストールしてみました。

スポンサードリンク

officeformac1
まずは、office.comへサインインして、上部メニューのアカウントからofficeダウンロードページへ移ります。
Macからログインすると、画像のようになっているはずなのでインストールをクリック。
すると、dmgがダウンロードされるのでマウントして、インストーラーを起動します。

officeformac2
インストーラーの画面。
次へを押してサクサク進めていけばOK。

officeformac3
試しにExcelを起動してみました。
まずはスタート画面。

officeformac4
Excelの編集画面です。
office2013に近い造りになっていますね。

Excelだけでなく、Word、PowerPointなども2013スタイルに近い感じです。
で、使ってみた感じどうだったかっていうと・・・。

結論から言うと、2011へ戻しました。理由は、Excelのマクロです。
私の勤務先では、Excelで勤務表を作っているのですが、その勤務表をMacで編集し保存するとWindowsのofficeで開いたときにエラーが出てくるのです。
動作自体には問題ないのですが、後で不具合が起こったら困るので2011へ戻しました。
ちなみに、2011で編集したものはエラーが出ませんでした。
なんつーか、VBAとかマクロとか使われるとこういう不具合出てきて面倒なので、止めて欲しいですね・・・。
というか、MSしっかりしてくださいよ・・マジで。2011でOKだったのに2016でダメってどういうことっすか・・・orz
やっぱ、Macユーザーには優しくないのかなんなのか・・・。

っつーわけで、使用して間もなく2011に戻ったので2016はあまり使ってません。。。
でも、少し使ってみた感じだとExcelのマクロ以外は特に問題はなさそうに見えます。
ただ、やっぱりちょっと動作は重いし、一部のドロップダウンメニュー等のデザインに違和感はあります。
マクロ関連が改善されれば常用しても良いですが、まだ先行公開状態なので一般公開されて情報が出そろうまでは2011を使い続けることにします。

Macユーザーで2016を使おうと思っている人は、VBAとかマクロあたりには要注意です。
念のため、Windowsも用意してそこで動作確認した方が良さそうです(ほとんどのMacユーザーは用意してると思いますが)。

ではこの辺で〆ます。
ではでは。

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。