ブログ編集ツール「Windows live writer」を使ってみる

どうも、サツキです。

私は友人や知人との連絡にWindows live Messengerを使っているので、いつもインストールはWebインストーラーから行っています。
そのときに、私は必要な機能だけを選んでインストールしているのですが、その中に「Writer」がありました。
ちょっと気になったので調べてみると、正式名称は「Windows live Writer」で、なにやらブログ編集が出来るものらしい。
対応ブログは、MTやWPが主ですが、FC2やアメブロにも使えるみたいです。
というわけで、早速使ってみた。

スポンサードリンク

まずは、WebインストーラーからWriterをインストール。
次に、Writerを起動させ初期設定を済ませる。
Writerでの設定はこれだけ。あとは、Weiterで思う存分記事を書く。

SS000192

使ってみた感想としては、Wordで文書を書く感覚でブログ編集が出来るのは良いと思います。
ビジュアルエディタは意図したデザインにならないことがあるから嫌いだ!って言う人でも、ソース編集機能があるので安心して使えます。
一応、プレビュー機能もあるが私の場合だとWPのテーマで表示されないので参考にすらなりませんでした。
画像を一々アップロードしないで挿入できるというのも楽で良い。

ちゃんと反映されるか心配って時は、下書きとして投稿してやれば安心です。
他にも動画の挿入、書体の変更などが楽に出来ます。
ソース編集に関して言えば、タグの補完機能があればいいなぁとは思いました。
あと、ビジュアルエディタで改行すると全部Pタグになるのはやめてほしかったですね。これは設定でどうにかなるんでしょうかね。
さらに言えば、ビジュアルエディタからソースエディタに戻るとbrタグが全て行の先頭に配置されているというのもやめてほしいですね。最初はちょっと戸惑いました。

総評としては、中々使いやすいエディタだと思いました。
ブラウザで編集してるとありがちな、編集中の記事消滅というトラブルも防げると思います。
ただ、普段ブラウザ上でソースエディタを使ってる身からすると、ソースが汚くなって投稿後に編集しづらいというのはありましたね。
でも、一々ブラウザを開かずともブログの編集が出来るのは良いと思いました。
今後のアップデートに期待したいです。

ではでは。

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。