Windows7のこと【考察】

Windows7が発売されてしばらく経ちましたが、皆さんは7への乗り換えはしましたか?
まぁ、互換性の心配もあり、今のOSから離れられないって方は多いと思います。
で、まず一言言えることは、Win9x系(95、98、Me等)や2000を使うより、XPやWin7を使った方が良いということ。
ん?Vistaですか?はて・・なんのことでしょう・・(←
でも、Vistaは32bitバージョンが駄目なだけで、64bitバージョン使えば使えるOSにはなると思います。
それでも、Vistaは『重い』というイメージがこびりついているので、ここでは勧めるOSから外しています。

で、なぜそうなるのかっていうと、皆さんもご存じかと思いますが、2000を含めたそれ以前のOSはマイクロソフトからのサポートが打ち切られています
ということは、今後一切アップデートプログラムが提供されないわけです。
そんなOSを使うのは、セキュリティ上危険です。
ソフトウェアの互換性の関係上変えられないっていう人もいるかと思いますが、おそらく2000で動くものはXPでも動くと思います。
そこが関係してくるのは、主に企業の方が多いと思うので、あまり触れません。

で、本題はXPからWin7への移行について。
これはよく周りの人から聞かれることですね。
あまりPC使わない人でも、Windows7という新しいOSには興味があるみたいで、どんなものか聞かれたり、乗り換え多時の利点とかも聞かれたりします。
確かに、乗り換える際には必ずメリットとデメリットがあります。
そういうわけで、この記事ではWindows7へ移行したときのメリットやデメリット、XPから移行する必要性なども含めて、Windows7について考察していこうと思います。

スポンサードリンク

まず、Windows7について。
皆さんもご存じかと思いますが、Windows7のベースとなっているのはWindows Vistaです。
システムが一新したのはVistaからで、今後のOS開発はVistaベースになっていくというもの。
機能面ではVistaとはあまり変わりがありません。

大きく変わったのは動作面。
今までVistaを使っていた人は、Vistaの動作が重いことで悩まされたと思います。
Windows7からは、システムキャッシュの方式が変わったことにより、飛躍的に動作が軽くなりました。
これが、Windows7の注目すべき点の1つではないかと思います。

そして次に注目すべき面は、XP Modeの搭載。
これは、バーチャルPC上でWindowsXPを動かすことにより、XPでしか動作しなかったソフトウェアの動作を実現するというもの。
これを使うことにより、7で使えないソフトもXP上で使うことが可能になります。
この機能は、マイクロソフトのサイトからイメージとソフトをダウンロードし、インストールすることにより実現可能。
ただし、これの注意すべき点はバーチャルPC上でXPを動作させているということ。
バーチャルPCっていうのは、仮想領域でOSをエミュレーションしているので、ハードウェアまではエミュレートできないのです。
さらに言うと、グラフィックスも完全に動作するわけではないので、ゲームの動作は難しいです。
つまり、XP Modeを使えばXPで出来ることが何でも出来るというわけではないということ。
ちょっとしたアプリケーションの動作をさせるには十分ですけどね。
他にも色々ありますが、割愛します。

で、これは音楽関係になりますが、VistaからはMIDI音源が廃止になりました。
レジストリをいじれば使えますけど、保証外です。
それに伴い、MIDIシーケンサー等を使う人は要注意です。
Windows7になってもそれは変わりません。

そんでもって、皆さんも気になることであろう、XPからWin7へ移行する必要性です。
私的意見になりますが、XP使ってる人がWin7へ移行する必要は今のところないと言えるでしょう。
何故ならば、現状、XP使っていれば大抵のソフトは動きますし、動作面でもさほど変わりません。
普通に使う分にはXPで十分です。

Vistaから7へ移行する必要性については、言うまでもないですが、移行した方が良いです。
あと、ゲームする人は7へ移行しても損はないですね。
DirectX11搭載されてますし。
あとは、外見の好き嫌いの問題ですね。
私は、Aeroデザイン好きなんですが、嫌いな人も多いみたいで・・。
Aeroといえば、これは、Vistaの時から言われてますが、PCのスペックがそこそこあるならばAeroは切らない方が良いです。
Aeroっていうのは、ウィンドウ描画処理をCPUではなく、グラフィックカードに一任しているのでCPUへの負荷が軽くなります。
なので、メモリ解放目的で無闇にAeroを切ると逆に重くなってしまい、本末転倒です。
Vistaの高速化を紹介しているページで、Aeroを切ると軽くなるって書いてありますが、それはよっぽど低いスペックの場合で、Vista Home Premiam以上がインストールされているPCでやると逆に重くなっちゃいます。
とまぁ、思い立ってWin7について書いてみました。

まぁ、結論から言えば、
  • Vista使ってる人は是非、7へ乗り換えを
  • XP使ってる人は、見た目が気に入れば移行しても良い
  • 互換性の心配あるなら、XPを使い続ける方が良い
という感じですかねぇ。
あくまでも、私的意見ですが。
ではこの辺で。

スポンサードリンク
Pocket

Comments are closed.