クライアントのあれこれ

※2012/9/25追記※
こちらは古い記事となっています。最新版はこちら


どうも、修羅道@スカーレットです。
昨日に引き続いてTwitter関連の記事です。
今回は予告通り、Twitterクライアントの紹介をしようと思います。
尚、ここで紹介するのはPC・Mac用のクライアントです。
ケータイ、スマートフォン用ではないことをご了承ください。
もしかしたら、ケータイ用クライアントも紹介するかもですが。
スマートフォンの方は、恐らく紹介するまでもないと思うので紹介しません。
さて、それではいきたいと思います。
続きを読むからどうぞ。
スポンサードリンク

まず、はこれ。Twitです。
クライアント名:Twit
作者HP:ヒビノアワ
対応OS:2000/XP/Vista/(Win7)
スクリーンショット:
修羅之日常日記
※プライバシー保護のためモザイク処理をしてあります。
このクライアントは、シンプルなインターフェースのクライアント。
タブを追加することもでき、そのタブに抽出対象の単語を設定することで、その単語を含む発言を抽出することができます。
APIを使用しているため、150リクエスト/1hの中でタイムライン更新やPOST等をします。
これを超えるリクエストを送ることはできません。
利用者の多いクライアントの一つではないでしょうか。
ちなみに、インストール不要なのでUSBに入れて持ち運ぶこともできます。

次はこれ、Tween。
クライアント名Tween
作者HP:きりの日記
別サイト:Tweenまとめサイト
対応OS:2000/XP/Vista/(Win7)
スクリーンショット:
修羅之日常日記
※プライバシー保護のためモザイク処理をしてあります。
様々な機能を搭載している高機能クライアント。
強力なタブ機能を搭載しており、ユーザーが任意でタブを作成し、振り分ける単語・IDを指定することができます。
振り分けられ対象の単語・IDを含む発言を、Recentタブから作成したタブへ隔離することも可能。
振り分け単語の指定には正規表現を使用することができます。
タイムライン更新には、APIモードとWebモードが使用でき、状況に応じて切り替えることができます。
ただ、TwitterはAPIの使用を推奨しているので、APIを使用した方がいいのかもしれません。
まぁ、ほとんどの方はWeb取得を使ってると思いますが。
これも、利用者が多いクライアントではないだろうか。
これもインストール不要なので、USBに入れて持ち歩くこともできます。

続いてはこれ、P3:PeraPeraPrv。
クライアント名:P3:PeraPeraPrv
作者HP:とかいろいろ
対応OS:2000/XP/Vista/(Win7)/Mac/Linux/UNIX
スクリーンショット:
修羅之日常日記
※プライバシー保護のためモザイク処理をしてあります。
Javaで作られたクライアント。
Javaで作られているので、マルチプラットフォームで動きます。
要するに、Javaが使えるOSなら動くということ。
タブ数はすくないものの、タブには抽出対象の単語・IDを設定することが可能。
新着やリプライ通知等を音で知らせてくれます。
やはりこれも、インストール不要なので、USBに入れて持ち運ぶことができます。
ただし、ちその場合はょっと注意が必要です。詳しくは、作者HP又は、Readme.txtを参照してください。

最後はこれ、TweetDeck。
クライアント名:TweetDeck
作者HP:同上
対応OS:2000/XP/Vista/(Win7)/Mac
スクリーンショット:
修羅之日常日記
※プライバシー保護のためモザイク処理をしてあります。
海外のクライアント。
開発環境がAdobe Airなので、Macでも使えます。
見易いUIとカラム表示が特徴のクライアント。
見ての通り、タブではなくカラム表示なので、発言がぱっと見ただけでわかります。
このカラムは、グループという機能を使って作成することができます。
たとえば、一番左が通常タイムラン、続いてその右隣が発言頻度の高いユーザー、その右隣りには発言頻度の低いユーザー、という風に流れの速い順に並べるといったこともできます。
もちろん、それ以外にも、BOTと一般ユーザーを分けたカラムを作るっていうのもありです。
あと、カラムの中の発言をフィルタリングする機能があり、それを使って話の流れを追うこともできます。
日本での知名度はイマイチなこのクライアントですが、もっと評価されるべきクライアントだと思います。
ただ、Adobe Airのインストールが必須なのと、ウィンドウサイズが大きめなのがネックですね。
それを除けば文句なしです。

主に、フォローが1000人を超えるユーザーが使うクライアントとしても知られていますが、そうでない人が使う分にも、問題ありません。
さて、4つほどクライアントを紹介しましたが、どうでしょうか。
まぁ、使ってみれば自分に合うものがどれかわかると思いますので、とりあえず気になるものがあったら使ってみるのがいいです。
私的にお勧めなのは、TweenとTweetDeckですね。
Tweenのタブ機能はかなり便利ですし、Deckはグループ機能が便利なのと見た目がカッコイイですし。
他にもないの?っていうときは、ググるかTwitterまとめWikiへ。
Webでやってる人は、一度クライアントの使用を検討してみてはいかがでしょうか。

長くなりましたがこの辺で。
次回は、BOTやTwitter関連のサービス等を紹介したいと思います。

スポンサードリンク
Pocket

Comments are closed.