Twitterizerメモ – トークン取得(OAuth認証)

Twitterizerを使ってOAuth認証をする際のメモ。

OAuth認証をする際は、

//コンシューマーキー・コンシューマーシークレットの設定
const string consumerkey = "Your Consumerkey";
const string consumersecret = "Your Consumersecret";

//リクエストトークンの取得
OAuthTokenResponse oatr = OAuthUtility.GetRequestToken(consumerkey, consumersecret, "oob"); //第三引数はよくわかんないけど、oobらしい

//認証画面へ誘導(ブラウザを開く)
Uri uri = Twitterizer.OAuthUtility.BuildAuthorizationUri(oatr.Token);
Process.Start(uri.ToString());

//PINコード入力画面を表示
inputPin pin = new inputPin();
pin.ShowDialog();

//PINコードで認証
string pincode = pin.textBox1.Text;
OAuthTokenResponse res = OAuthUtility.GetAccessToken(consumerkey, consumersecret, oatr.Token, pincode);

//トークンを変数へ格納
access_token = res.Token;
access_token_secret = res.TokenSecret;

//認証が完了した旨を知らせる
MessageBox.Show("認証完了!","確認",MessageBoxButtons.OK,MessageBoxIcon.Information);
とする。
端的に言えば、OAuthUtilityクラスを使って認証をしてやればOK。
得た情報はテキストファイルかなんかに保存しよう。

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。