TwitterAPIバグ

7/6の夕方あたりからAPI残量がリセットされないバグが発生したようです。
詳細は以下参照。

http://tweeter.jp/2010/07/07/twitter-3644.html

なんで発生したのかは上記の記事を参照して貰うとして、私もこの被害を受けました。
BASIC認証だとAPIは1時間ごとにリセットされますが、75リクエスト/hと非常に少ないため、Webでの利用を余儀なくされました。
午前9時あたりには解消され、API数も今まで175/h(BASICでは75/h)に規制されていたものが、350/h(BASICは150/h)に戻りました。
ちなみに、OAuth経由だと通常は350/h、BASICだと150/hが上限になります。

なぜ、半分に規制されていたのかというと、それはW杯による負荷対策のためだそうです。
W杯中は、Twitterで実況する人が多いですからね。
で、バグの中Update規制された人はメインアカウントに復帰出来ないため、サブアカウントで呟いている人が多く見られました。
私は規制されていないので、Webを利用しましたが、慣れない環境だったのか、やりづらかったですね。
Twitterをやってる以上、色々な不具合に振り回されるのは避けて通れない道なのですが・・。

そうそう、Twilkの件ですが、こんな不具合の中実行してみたら、あっさりと背景変更が成功しました。
何が原因で今まで失敗し続けたのかは未だに不明ですが、復活してくれたようでなにより。
また使えなくなるとちと困りますが・・。
ではまた。

スポンサードリンク
Pocket

Comments are closed.